『音楽の祭日2017inみんぱく』に出演して

7.jpg

もう一カ月も前になりますが、BESは『音楽の祭日』@みんぱくというイベントに出演しました。
一昨年も出演させていただき今回で二回目です。
毎年人気のイベントで、申し込んでも出られなかった去年。
今年も申し込み、演奏の機会を作ってれた主人に感謝したいと思います。
http://bes911.blog71.fc2.com/blog-entry-622.html

演奏した曲は
 1.沖縄民謡メドレー
 2.ラッスス・トロンボーン
 3.アメイジング・グレイス
 4.フェイマス・ラテン・メドレー
です。

お客さんが知っている曲や楽器の特性を楽しんでもらえる曲を演奏しました。
開放的な演奏会場であっという間の時間でした。
また、演奏者同士が控室で一言二言話す機会も私は貴重だなと思っていて、特にこのイベントはいろんなジャンルの音楽や楽器に出会えるので、演奏すること以外にも楽しませていただいています。

トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初めてのバンダ出演

ちょうど1週間前になりますが、初めてバンダで演奏しました。
バンダってなんだ? という方はググってみてください。
一言でいうと、舞台以外の場所で演奏するバンド(Bandaはイタリア語でBandの意味)のことで、 舞台袖でやったり、客席後方で演奏したり、いろんな形態がありますが、今回は何と京都コンサートホールのバンダボックスでやりました。ここ(赤丸)で演奏です。

Kyoto_concerthall_convert_20170708094131.jpg

こちらに前日練習の時の写真があります。結構上から オーケストラ、客席、もちろん指揮者も見下ろしながらの演奏となります。ちょっと高所恐怖症気味なんで足元がひえひえしました。
ちょっと困ったのは楽器を下向けて吹くとかっこ悪いということで、真っ直ぐホールの奥まで届けと吹いたのですが、譜面台と指揮者が同時に見にくく、さらに一列に並んでの演奏なのでトップの動きが見えないなど、タイミングを取るのが難しかったことです。目と耳が3つ欲しい、あるいは指揮者、楽譜、トップが同時に見えるVRメガネがあればいいなと思ったりしました。

IMG_20170630_200924_convert_20170708094206.jpg

ところで、なんでバンダで演奏することになったかということを少し話しておきます。
演奏会は「PTA感謝の集い親子コンサート」というもので、毎年7月初めにある京都市の催しなんですが、そこで十数年京都市民管弦楽団が出演しています。今回チャイコフスキー作曲の序曲1812年を演奏することになり、BESのメンバー4名(Tu由良さん、Tb高橋さん、Hr宇野さん、Tpみくさん)が所属している事もあり、BESもバンダで参加することになりました。8パートあるので、BESだけでは足らず、由良さんにアレンジしていただきすごいメンバーが集まり全部で10名で演奏できました。こちらがそのメンバーです(+2名)。

0e019d9143bd87393a234cb0eb34686bd80d23c0std_convert_20170708094329.jpg

さて、演奏の方ですが、もともと1812年のナポレオンのロシア侵攻を撃退した出来事を祝う序曲で、美しいチェロの音色でロシアの讃美歌に始まり、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」も間にはさみながら、最後は何発もの祝砲の音と、ロシア国歌と教会の鐘が鳴り響くなか壮大に終わります。バンダはこの最後の盛り上げを担当します。

バンダでの演奏はもちろん初めてなんですが、タイミングを取るのも難しかったのですが、下から湧き上がってくるオーケストラの音、下隣りのバンダボックスからの音、そして横にならぶTp4本と四方八方から音が降ってくるので、自分の音のバランスがこれでいいのか直接にはよくわからないまま吹くことになりました。前日リハーサルの録音でバランスを確認してなければ完全な五里霧中になってしまったことと思います。

あと、もう一つ困ったのはこの曲は今回の演奏会の最後を飾る曲であり、出番までたっぷり1時間待たないといけなかったことです。普段BESで演奏する時にそんなに待つことはあり得ないので、待っている間、上から声かけていいものか、拍手はしていいのか、どういう表情で待ってればいいのか、といろいろ考えているうちにあっという間に時間が過ぎ指揮者の「あと1小節で出番です」の合図が見えました。

みなさんも効果絶大のバンダのある演奏会聞いてみてください。私のお勧めは、レスピーギのローマの松、マーラーの交響曲2,3,8番、リヒャルト・シュトラウスの英雄の生涯など(大曲ばかりですね)です。

Tp.福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

リレーコンサート終了!

20170311まとめ

テューバの由良です。
昨日は、京都コンサートホール アンサンブルホールムラタで開催された『音楽でつながる♪リレーコンサート』の本番でした。
BESとしては昨年10/30の城巽フェスティバル以来約5ヶ月ぶり、2017年1発目となるイベント出演。
恐れ多くもトリを務めさせていただき、満席の会場で3曲を演奏いたしました。

1.《王宮の花火の音楽》より〈歓喜〉
2.ディープ・ハーモニー
3.バレエ音楽《シルヴィア》より〈バッカスの行列〉

朝は当日リハーサルの順が一番にあたっていたので、
早々にホールへ集合後、音だし。

IMG_1385.jpg
1名仕事の関係で立ち会えなかったものの、
響きを確認しながらバランスチェックを済ませ、
少し早目のランチに出かけます。
向かった先は、ホールからほど近い人気店『幻の味 ラーメン いいちょ』。

IMG_1392.jpg
開店直後の時間帯にもかかわらず既に満席で、
少しの待ち時間をワクワクしながら過ごしました。

IMG_1393.jpg
で、僕が注文したのはこちら(ラーメン並 ネギ多め)。
写真には入っていませんが、やきめしも頼みました。
大変おいしゅうございました。

腹を満たした後は、いったんホールへ戻ったあと、
金閣寺そばにある『カトリック衣笠教会』へ向かい、
全員そろって最後の確認。

20170311リレコン衣笠教会リハ
僕自身、教会で楽器を吹くのは初めての体験で、とても刺激的でした。
5/4(木祝)の午後には、こちらでミニコンサートを開催する事も決定しましたので、
また詳細は決まり次第ブログとホームページでお知らせします。
お楽しみに!

そしてまたホールへ戻り、いよいよ本番です。

20170311リレコン本番キャプチャ

入れ替わりも含め555名ものお客様がご来場くださったそうで、
満席の会場での演奏は緊張もありましたが、楽しく吹く事ができました。
演奏終了後は大きな拍手をいただき嬉しく思っています。
(舞台からハケる際に再び拍手が起きた事も印象的でした)

20170311リレコン終演後1 20170311リレコン終演後2
終演後には、写真撮影。
今回のイベントを担当されたコンサートホールのY元さんには、
最後まで大変お世話になり、ありがとうございました。

ホールを後にしてからは、全体での打ち上げは無かったのですが、
ユーフォの石田さん、トランペットの西川さんと、3人でお疲れさん会。
伏見桃山界隈を探索しながら色々と楽しみました。
ちなみに伺ったお店は下記の通りです。

 1軒目…伏見酒蔵小路
 2軒目…べんがらや
 3軒目…鶴亀

IMG_1407.jpg
べんがらやの名物おでん種『ロールキャベツ』。
味・ボリューム共に、自分の中にあるロールキャベツ観を打ち砕かれる素晴らしい逸品でした。

IMG_0114.jpg
鶴亀にて。
次回こそは、名物のカレーを食べるんだ…!


さて、次の出演は、3/26(日)に京都市北文化会館で開催される『KITABUNの春・音楽会』です。
『沖縄民謡メドレー』『フェイマス・ラテン・メドレー』の2作品を新しく用意して、
みなさまにお会いするのを楽しみにしています。

Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

オーケストラ本番!

IMG_1157.jpg

先週、久しぶりにオーケストラの本番に出させていただく機会に恵まれ、モーツァルトを演奏しました。テノール歌手の松原友氏をお招きしての『大阪モーツァルトアンサンブル第64回定期演奏会 - アーダムベルガーとモーツァルト』@豊中アクア文化ホールでした。

曲目は、

音楽付き喜劇『劇場支配人』より
序曲
『どうか、詮索しないでください』
『あわれな男よ!夢なのか、それともうつつなのか?ーあたり吹くそよ風よ』

カンタータ『懺悔するダビデ』より
第6曲『数知れぬ苦しみのなかで』

ジンクシュピール『後宮からの誘拐』より
序曲
アリア(第1番)
レチタティーヴォとアリア(第4番)
行進曲(第5番a)
トルコ近衛兵の合唱(第5番b)
アリア(第15番)
アリア(第17番)
トルコ近衛兵の合唱(第21番b)

という内容で、私は4曲演奏しました。
残念ながら歌と一緒に共演はできませんでしたが、やわらかな優しい歌に本番の緊張も和みました。

この団は指揮者がおらず、コンマスが中心になり、演奏が進みます。
練習の際、コンマスの方はもちろん、他のメンバーも思ったことが積極的に意見として出され合奏が進んでいくのが印象的でした。
演奏が良くなるようにと向上心があるから意見交換ができるのだと思います。他パートにも『こうしてほしい』『ああしてほしい』といった意見が出されていました。
私も出るタイミングや音の長さには注意をはらって演奏したつもりです。
コンマスの方や、周りの音に敏感になり集中して音を出す難しさと楽しさを感じました。

演奏後の鳴りやまない拍手も印象的でした。
外は寒かったですが、会場内は温かいさわやかな雰囲気の中、演奏会は終わりました。

トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

城巽音楽フェスティバルに出演しました。

10月30日、堀川音楽高校内で行われた城巽音楽フェスティバルに出演してきました。曲は11曲。

まずグラウンドで、ポップス系の楽しい曲。(「青い山脈」「君の瞳に恋している」「思い出のアルバム」「カーペンターズメドレー」「風になりたい」「東京ブギウギ」)
お天気に恵まれ、いや、やや恵まれすぎ、秋なのにさんさんと日差しを30分浴びながら演奏しました。最初はまばらだったお客様も少しずつ増え、ところどころでは手拍子も頂きました。

次に20分をおかずして、ホールで、こちらはクラシック系の曲。(「シルヴィア」より「バッカスの行進」「バッハのコラール集」より3曲、金管4重奏でチャイコフスキーの小曲、プーランクの金管3重奏、また全員で、「ロンドンデリー組曲」)
美しい響きのするホールで、楽しく吹かせていただきました。

尤も、個人的には、今週に入って体調を崩し、なのに仕事のために練習時間はおろか、睡眠時間も余り取れず、不本意な状況→演奏になってしまいました。愚痴ですけどね。すみません。いかなる状況下でもきちんと演奏をされるプロの方は本当に凄いと改めて、尊敬の念を強くしています。

でも、また立て直して練習します。良い演奏をお聴きいただけるよう、励みますので、次回の演奏の機会には、ぜひ聴きにいらしてください。

1477783766945.jpg
前夜の練習風景です。ここ3日間、みんなと会ってばかり。
明日への意気込みを示す笑顔です。
楽器の種類もたくさん。1477783799127.jpg
バストロンボーンとテナートロンボーンを駆使しています。1477783790574.jpg
またの名を”えんのした~ず”。1477783778077.jpg

ホルン 宇野

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示