れがしい&アロハ・オエ

こないだの日曜日、ユーフォニアムの石田さんと僕の2人によるユニット『デュオ・えんのした~ず』で1曲演奏する機会がありました。
くわしい後記は、えんのした~ずの公式ブログに書きましたので、ぜひご覧ください。

 低音活動記
 『第37回 室内楽の集い』に出演
 http://ennoshitazu.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


今回演奏した『れがしい』という曲は、中橋愛生さんという邦人作曲家による、ユーフォニアム・テューバ・ピアノという編成のために書かれたオリジナルの3重奏作品。
日本が誇る世界遺産をテーマにした、2分程度の楽章5つから成る組曲で、作曲者本人による各楽章の解説は下記の通りです。

 1曲目「寒林」 b-moll
  知床半島がテーマ。どこまでも同じ色が続くようで、
  その中に多彩な表情を見せる雪の林をイメージしています。
 2曲目「紡歌」 d-moll
  富岡製糸場がテーマ。女工たちによって作られた糸が織り込まれ
  ゆく中で、製糸場が眺めたであろう歴史をイメージしています。
 3曲目「霊峰」 f-moll/F-dur
  富士山がテーマ。文部省唱歌「ふじの山」を素材に、
  大きく登って下りる、組曲全体の核となっている曲です。
 4曲目「詠歌」 D-dur
  熊野古道がテーマ。「西国三十三所御詠歌第一番紀ノ國那智山」を
  素材に、ヘテロフォニックに祈りの歌が絡みます。
 5曲目「木霊」 B-dur
  屋久島がテーマ。屋久島は琉球音楽の北限という学説もあり、
  琉球音階を基調に呼応するアンサンブルを目指しました。

ちなみに、えんのした~ずの1stリサイタルではこの方の『アロハ・オエ・ディエス・イレ』というユーフォニアム&テューバによる2重奏作品を演奏しており、さらにBESでは第6回定期演奏会で『マンシーニ組曲(編:中橋愛生)』を取り上げています。いずれもテューバプレイヤーにとっては吹きごたえのある譜面で、楽しませていただきました。
そんな『れがしい』と『アロハ・オエ・ディエス・イレ』の演奏の様子を、それぞれYouTubeにてご視聴いただけます。
中低音の魅力を少しでも感じていただければ幸いです。



れがしい -ユーフォニアム、テューバ、ピアノのための- / 中橋愛生
https://youtu.be/TUfay-82kG8



アロハ・オエ・ディエス・イレ / 中橋愛生
https://youtu.be/g4oZdVdZjmM


Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3/26(日)KITABUN 演奏動画

3/26に出演した『市民創造ステージ2017 KITABUNの春・音楽会』本番での演奏動画を、YouTubeにアップしました。
つたない演奏ですが、よろしければ是非ご視聴ください。


1.王宮の花火の音楽より歓喜
 
 https://youtu.be/TsWNq2kqiTE


2.沖縄民謡メドレー
 
 https://youtu.be/Si8e_0HacAk


3.フェイマス・ラテン・メドレー
 
 https://youtu.be/wB0ri2-BXdE


Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

3/11(土)リレーコン 演奏動画

3/11に出演した『音楽でつながる♪リレーコンサート』本番での演奏動画を、YouTubeにアップしました。
つたない演奏ですが、よろしければ是非ご視聴ください。


1.《王宮の花火の音楽》より〈歓喜〉
 
 https://youtu.be/wvt07ukcmpU



2.ディープ・ハーモニー
 
 https://youtu.be/t6nG__MzhX8



3.バレエ音楽《シルヴィア》より〈バッカスの行列〉
 
 https://youtu.be/bKCU6hfT59k



Tuba 由良


にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

第9回定期をYouTubeで⑥テキーラ

第9回定期での演奏動画紹介は一旦終わっていましたが、
ひとつ新しくYouTubeにアップロードしましたのでご紹介。
前半の部で多くの反響をいただきました、『テキーラ』です。

『テキーラ』というのは、みなさまご存知、つよ~い蒸留酒の名前。
第9回定期演奏会では『芳醇な薫りのブラスサウンドをあなたに』とサブタイトルを付け、ワインやシャンパンをテーマにした『高貴なる葡萄酒を讃えて』をメインプログラムとして最後に演奏しましたが、実はその前にこんなお酒も楽しんでいただいていたのでした。
テキーラは、メキシコ原産のお酒で、リュウゼツランという植物から作られるのだそうです。ストレートで飲まれるほか、カクテルの材料として使われることも多いのですが、産地メキシコでは、ライムを口の中に絞って、テキーラを飲みながら最後に塩を舐めるのが正式な飲み方なんだとか。いかにも陽気なラテンの人たちの姿が目に浮かぶようです。そんなお酒のテキーラですが、タイトルそのままにアメリカの「チャンプス」というバンドが1958年にラテンミュージックに仕立て、今でもテレビのバラエティ番組や野球の応援などで耳にすることも多い人気の作品。みなさまもきっとご存知のメロディだと思います。
今回演奏した楽譜は、ホルン・トロンボーン・ユーフォニアム・テューバという中低音の楽器たちによる編成で、トランペット無しでどのような演奏になるのか。各メンバーによるちょっとしたソロにもご注目ください。

あれ?
降り番のトランペットメンバーに、ステマネに、司会者まで…?!
テキーラ!!



https://youtu.be/pGD9cNHDEYs

Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

第9回定期をYouTubeで⑤イエスタデイ

第9回定期での演奏動画紹介も、今回がひとまず最後です。
本日は、アンコールに用意しましたビートルズの名曲『イエスタデイ』を、金管10重奏のアレンジでお聴きいただきます。


ビートルズといえば世界的に有名なイギリスのロックバンドで、『レット・イット・ビー』『ゲット・バック』『イエロー・サブマリン』『ヘイ・ジュード』など多くのヒット曲は、今でも街のあちこちで耳にされるのではないでしょうか。
特に今年は、ビートルズの初来日(1964年)からちょうど50周年という事で、テレビ・ラジオや雑誌などでビートルズの特集がよく組まれているようです。
1960年の活動開始から1970年の解散まで、51枚のシングルと12枚のアルバムに収められた彼らの作品は、数えきれないほどのバンドにカバーされ、そしてまた多くの器楽奏者によりさまざまな編成でアレンジされています。

今回BESで演奏した『イエスタデイ』は、ロンドン・ブラスのトロンボーン奏者であるロジャー・ハーヴェイによる編曲です。
イエスタデイの作曲経緯は、Wikipediaに詳しく載っていますので、そちらを参照していただくとして、つい先日もあるラジオ番組を聴いていたら、『それでは最後に、ビートルズといえばこの曲、イエスタデイです』という紹介とともに、ギターによるイントロが流れ始めました。
『世界で最も多くカヴァーされた曲』としてギネス世界記録をもつこのイエスタデイは、やはりビートルズの代表曲として多くの人に愛されているのだなと改めて感じます。

ちなみに僕は、高校の音楽の授業で初めて聴いた時、そのあまりに美しい旋律に、頭をガァンと叩かれたような衝撃を受けました。
(大げさでは無く…)
それから、『いつか演奏したいな』と思っていたこの曲を、BESで実現する事ができ、とても幸せです。
BESの女性Tpメンバ-2名によるフリューゲルホルンがフィーチャーされた金管合奏で、是非お楽しみください。



https://youtu.be/bai88qdoGUA

Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は10/1の『第31回ブラス・アンサンブル・フェスティバル』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示