インドネシア振り返り②

インドネシアで驚いたことを引き続き書いていきます。

ワゴン式バスの乗り方
→インドネシアでは、小さいバスというかワゴン車というかがドアを開けたままたくさん走っています。街を歩いているとクラクションやら声やらで呼びかけてきたり、ゆっくり走ったりして勧誘してきます。

乗合バス1

バンドゥンで、ホテルからインドネシア教育大学へ行く際に一度だけ使いましたが、慣れないと大変かもしれません。僕はまず、ホテルの人にインドネシア教育大学へバスで行きたいと伝えたら、この通りでバスを見つけるといいと教えてくれました。というのも、バス毎に行き先がだいたい車の前後や側面に書かれていて、タクシーみたいに自由に行きたいところへ連れて行ってくれるわけではないからです。おそらく、行き先が異なっている個々のバス毎に走っている通りが違うのでしょう。

乗合バス2

また、特にバス停があるわけでも無いので、乗るときは手を挙げてバスに乗ったり、勧誘してきて止まったバスに乗ったりします。降りるときは、止めてもらいたいところで車を止めてもらい降ります。

ホテルの人に教えてもらった通りを歩いていたら、ちょうどバスらしき車が停まっていたので、インドネシア教育大学へ行きたいと伝えたら、これは無理だと言われました。インドネシア教育大学はこの道をまっすぐ行くとあるはずでしたが、そのバスは目の前の交差点を左に曲がってしまうとのことでした。

また同じ通りを歩いていると後ろからクラクションで呼びかけられ、同じように行きたい場所を伝えたらオッケーということでしたので乗りました。中は僕の他に地元のおばちゃん3人くらい。バスは道の途中で何人か客を拾って走りました。

僕はこのバスに乗る際、インドネシア教育大学へ行きたいと伝え、わかったと運転手は行っていました。しかし、乗っていると隣の乗客が、もうそこがインドネシア教育大学だよと教えてくれて、危うく通り過ぎてしまうところでした。運転手にバスを止めてもらい、いくらか聞き、金を払い(30円くらいだったかなぁ)、なんとか目的地に着いた感じです。料金設定はどうなっているのかよくわかりません。

行き先さえきちんと乗る前に運転手に伝えておいて、初めは周りの景色や地図から、今どこらへんを走っているのかを自分でも確認しながら乗っていた方が無難かもしれません。

Tp 牛島
スポンサーサイト

インドネシア振り返り①

もういい加減わかったと言われるかもしれませんが、インドネシアで驚いたことを書いてみます。

車とバイクが多いこと。
→人口が2億人を超えているインドネシアだからなのか、どこへ行ってもバイク(ほとんどスクーター)が道を占拠してるし、車の量もハンパなかったです。バイクは3人乗りなんて当たり前のようでした。お母さんが前に子供を抱きかかえ、後ろにもお兄ちゃんが乗って、お母さんは買い物袋を股に挟み、という感じで生活の一部がバイクになっていました。


車は8割がた日本車
→見る車のだいたい8割が日本車(トヨタ、ダイハツ、スズキ、ホンダ、日産…)でした。

ほとんど横断歩道無し
→横断歩道がほとんど道に無くて、もちろん歩道橋があるわけでもなく、既に書いたように大量の車とバイクが走ってるから、初めどうやって道路の向こう側に渡ればいいんだろうと思ってしまいました。手を上げて少しずつ車の流れを見ながら、半ば強引に渡っていくしかないという感じで、皆さん堂々として渡っていく姿にびっくりしました。

クラクションの嵐
→車とバイクが多くて結構スピードも飛ばしていることが多かったので、乗ってる側としては怖い感じでした。車線変更も何だかバイクも入り乱れているせいでどこに車線があるんだかよくわからず隙間をぬって車が走る感じの道も多かったです。そのせいか、結構こまめにクラクションを鳴らしていました。これから右に曲がりますよ、左に曲がりますよ、といった合図を出すためにウィンカーではなく、むしろクラクションを使っていたような印象を受けました。ちなみにバスの場合は、だいたい運転手とは別に乗務員がもう一人乗っていて、車線変更する際は窓又はドアから手を出して、はいちょっと左にずれるよーみたいな合図を送っていました。

Tp 牛島

インドネシア日記⑧

インドネシア滞在最終日の続きの写真をアップします。
ブロックMという地域の日本食屋(このブロックM近辺には日本食屋が多かったです。日本人が歩いてはいませんでしたが。)

セブンイレブン前(だいたいどこのコンビニも、夜になると店の前のテーブルで、何だかワイワイ楽しそうにたむろっている人が多かったです。)

バス停(ブロックMを後にし、モスクでも見てホテルに帰ろうとしていたのですが、満員バスを降りようとしたところ、バスの扉が思いのほか早く閉まってしまいました。左足はバス停に着地していたのですが右足だけがドアに挟まったまま出発しそうになってしまい、左半身が地面に転落し、宙釣りになるという貴重な経験をしました。この時はこのままバスが出発したら死ぬなと感じました。)

応急手当をしてくれたバス停の人(結局周りのお客さんがバスを止めてくれて、何とか走り出さずに済み、とりあえず救出されました。バス停の横に座らせてもらい、バス会社の人に応急手当てをしてもらいました。)

クリニック(応急手当の後、バス会社の人がバイクで近くのクリニックに連れて行ってくれました。しかもちょうどいいタイミングで雨も降ってきたので、バイクがスリップでもしたら俺やばいなと感じました。)

腕の傷(左腕と左腹に傷を負いました。これは左腕の上の部分の傷です。食事中の方はすみません。)

バス会社の人とクリニックで(クリニックで薬を塗ってもらい、諸々のお金もバス会社の人が払ってくれ、さぁ帰ろうというかホテルの近くまで送ってもらおうという直前の写真です。僕は髪も含め全身雨に濡れていました。)

処方してもらった薬(痛み止めとビタミンだかの薬をもらいました。masharuと書かれていて、これだと「ますはる」という名前になってしまうと思いましたが、深く突っ込みませんでした。正しくは正春です。)

ジャカルタの空港(途中までバイクで送ってもらい、傷を負いながら雨の中をホテルに戻り、寝て、朝5時くらいに起きて、ベットが血で汚れてしまい、チェックアウトのときにクリーニング代として500円取られ、バスで空港に行き、国際線のターミナルを間違え、ターミナル間を走るバスには間に合わないから流しのタクシーに乗ったら値段をふっかけられ、急いでいたから仕方なくタクシー代500円を払い、何とかチェックインを済ませ、余裕をかましていたら搭乗時間に遅れ、空港内の放送で名前が呼ばれ、あなたが最後の一人だと空港の何人もの人に言われながら何とかエアアジアに乗り込む時の写真です。)

ジャカルタ上空(なんだかんだでインドネシアの旅を終え、ジャカルタを後にする時の写真です。色々あったけど、無事で良かった。)

マレーシアのクアラルンプールの空港(乗り換えのために行きと同じく、マレーシアのクアラルンプールで降りました。この後無事に羽田に着いて旅行は終わりました。)

Tp 牛島

インドネシア日記⑥

更新が遅くなってしまいましたが、インドネシア滞在5日目の写真をアップします。

ベッド
ベッドの上(ビニール袋に洋服と洗剤と水を入れてもみ洗いし、ベッドの手すりに干していました。)

朝ごはんパンケーキ
朝ごはんのパンケーキ(パンケーキの中にはバナナが入っていました。一応砂糖がまぶされているのですが、淡白な味でした。フルーツはまぁ普通においしかったです。)

プランバナンバス停近く
プランバナン遺跡バス停近く(この日はジョグジャカルタからバスで、世界遺跡のプランバナン遺跡群へ行きました。バスの乗る方向を間違えたりと、遺跡にたどり着くまでちょっとわたわたしました。)

プランバナン入口
プランバナン遺跡群入口(バス停前の人力車やらバイクタクシーやらなんやらの勧誘をTidak(=No), Tidak, Tidak・・・と連呼して振り切り、歩いて10分もかからないところに入口がありました。)

プランバナン昼飯店内
プランバナン遺跡前の食堂(プランバナンに入ってしまうと食べるところがないだろうから、ということで遺跡の前にあった小食堂に入り、腹ごしらえをすることにしました。)

プランバナン昼飯
お昼ごはん(これはナシゴレンだったかなぁ。ご飯にはスープカレー、牛肉のしぐれにみたいなやつ、野菜、キュウリみたいなやつが入っていました。)

プランバナン遺跡
プランバナン遺跡(この遺跡は、広い公園の中に建っていました。イメージ的には、代々木公園や昭和記念公園の中に、でかい遺跡が突如として現れる感じ。)

プランバナン近くから
プランバナン遺跡近くから(既に3時過ぎくらいだったからか、涼しげに見て回りました。ボロブドゥールよりも落ち着いた雰囲気でした。)

セウ寺院
セウ寺院(プランバナン遺跡がある公園には、幾つかの寺院が点々と建っていて、このセウ寺院はプランバナンの次にでかかった寺院です。陽が落ちてきて、いい感じでした。)

お祈り場所
お祈り場所(公園の中に、お祈りをするための場所がありました。イスラム教では一日に5回お祈りするらしいのですが、お祈りする時間になると、街中で「お祈りの時間ですよー」みたいな放送が流れてきます。イメージ的には、5時になって、良い子の皆さんはお家に帰りましょう、という放送が流れる感じと似ていると思いました。ただ、お祈りの放送の方が、どことなくおじさんなりおばさんなりがマイクでなんか歌い始めたなぁみたいな感じで、声の調子や抑揚が良い感じでした。)

グドゥッ ユ ジュン
晩御飯をグドゥッ ユ ジュンで(地球の歩き方に書いてあった店に行ってみました。だいたいどこに行っても、こんなご飯を食べていたような気がします。甘辛くて食べやすいです。)

ジャカルタからの旅行者と
ジャカルタからのルースリーさんと(ご飯を食べていたら、相席してきて、食べ終わる頃に話しかけてきて、話し始めたら仲良くなって、最後写真を一緒にとって別れました。ルースリーさんというジャカルタの大学生で一人旅をしているらしいのですが、ブルースリーじゃないよ、って言っていました。)

おもちゃや
おもちゃ屋(帰り道におもちゃ屋があったので、入ってみました。どこの国でもおもちゃ屋は同じような感じでした。)

Tp 牛島

インドネシア日記⑤

昨日の23時過ぎに無事に羽田に帰ってきました。
さて、インドネシア滞在4日目(8月5日)の写真をアップします。

ホテルの朝ごはん(ミーゴレン。要は焼きそばに目玉焼きがかかっているような感じです。)

人力車のベチャ(この日は世界遺産のボロブドゥール寺院に行こうと思い、バスターミナルまで、ベチャという人力車に乗って行きました。)

バスの中(ボロブドゥール行きのバスといっても、地元の人たちもたくさん乗ってきて、生活感のあるバスでした。)

ボロブドゥール寺院(結構広大な敷地にそびえ立っていました。)

ボロブドゥールからの景色(とりあえず暑かったです。)

インドネシアの高校生?と(なんだかわかりませんが、インドネシアの高校生らしき一行が外国人を見つけては一緒に写真を撮っていて、僕も一緒に撮って欲しいとお願いされました。)

同じく高校生?と(歩いていたら今度は2人組にお願いされました。2人それぞれと一緒に写真を撮りました)

昼飯の屋台(おばちゃんに誘われ座りました。)

昼ごはん(どれがおいしいのか?っておばちゃんに聞いたら、全部うまいって言われました。ご飯、甘辛いチキン、野菜、ナッツみたいのを揚げたやつが入っていました。あと熱いお茶です。)

ムンドゥッ寺院(ボロブドゥールの近くにあって、ベチャマシーンというエンジン付きの人力車みたいな三輪車で行きました。)

パウォン寺院(ベチャマシーンで回りました。)

ルワックコーヒー(パウォン寺院の近くにあったコーヒー屋でルワッコーヒーというインドネシアで高級なコーヒーを飲みました。ジャコウネコがコーヒー豆を食べて、腸の中で発酵されて、糞として出された豆からできている貴重なコーヒーです。味はまぁおいしかったのですが、どのくらいの価値があるのかよくわかりません。写真はコーヒー屋の店主です。豆を買えと言われ豆を持たされていますが、買わないと言って押し通しました。一杯いくらだったかなぁ400円くらいだったかなぁ。豆は4千円くらいだったような気がします。)

ベチャマシーンの運転手と(このおじさんの誘いでコーヒー屋に入りました。このコーヒー屋の後はボロブドゥールのバス乗り場まで戻ったのですが、このおじさんにぼったくられた気がしています。なぜなら、100ルピア(1円)と乗る前には言われていたのですが、実際にはそれにゼロが3つついて100000ルピア(千円)だったからです。まぁ100ルピアは無いにしても、インドネシアにしては高すぎました。この後乗るバスもそうですが、最後のゼロ3つを省略して値段を言うことがあるようです。値段の確認はきちんとしなければと思いました。)

帰りのバス(バスターミナルで出発を待っていると新聞売りやら歌うたいがバスの中に入ってきます。歌い終わったらお金を頂戴と言って回ってきます。行きはコインを払いましたが、帰りは払いませんでした。)

ラマダン一家とご飯(その帰りのバスで隣になったラマダンさん(写真左手前の男性)と世間話をしているうちに仲良くなって、彼の家族と飯を食べに行きました。左からラマダンさん、ラマダンさんの奥さん、ラマダンさんのお母さんです。写真に写っていませんが、ラマダンさんのいとこも一緒にいます。)

ラマダンさんのおじいさんの家(ラマダン一家はジャカルタに住んでいるのですが、ちょうどおじいさんの家がジョグジャカルタにあるらしく、「良ければ一緒に行く?」ということで、お家にお邪魔しました。写真右手前にお菓子がたくさん入っているのですが、たらふくにいただきました。)

ラマダンさん一家と家の前で(写真左から2番目の人はラマダンさんのおばあさんです。家の奥にはおじいさんもいます。みんな仲良くしてくれてありがたかったです。お母さんからは別れ際に30m離れたところから投げキッスをされました。)

ジョグジャカルタの屋台(ラマダンさんの家を後にし、ラマダンさんと一緒にジョグジャカルタのマルボロ通りという屋台やら商店やらで賑わっているところで、ラマダンさんおすすめの屋台で買い食いしました。熱い生姜汁に白玉やらゼリーやらが入っていておいしかったです。ラマダンさんがゼリーは食べるなと言っていました。なぜだかはよくわかりませんでしたが、もしかしたらゼリーなどはどんな水を使っているかわからないから衛生的に微妙ということかなぁと勝手に想像していました。)

Tp 牛島
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は7/1開催の『PTA親子コンサート(関係者のみ)(バンダ出演)』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示