「響け!ユーフォニアム」研究 その14

ユーフォニアム担当の石田です。

塚口サンサン劇場という映画館に行って「劇場版 響け!ユーフォニアム」を観てまいりました(8月12日(最終上映日)の最終回(20:05))。少しレポートを。

・阪急塚口駅南出口から出るが劇場の場所がわからず、さんさんタウンの案内のお姉さんに聞いた。

・劇場に行ってネットで予約していたチケットをゲット。

・時間があったので腹ごしらえ。ネット情報で美味しいと評判だったカレー店「アングル」で特製ビーフカレーをいただいた。本格的な欧風ビーフカレー、濃厚で美味しい!

・再び劇場へ。なんともレトロな、昭和味たっぷりの映画館だこと。開始時間までは待合ルームで待機(地下1階)。ここでもおもわず昭和にタイムスリップ。

・開始時間が近づいたので劇場前に並ぶ。案内のお姉さん「響けユーフォニムの方はこちらへお並びください」て言ってたぞ。吹奏楽経験者に違いない(注:吹奏楽ではユーフォニムと呼ぶことがほとんどである)。

・時間が来たので場内へ。廊下の壁一面に、「響け!ユーフォニアム」TV版の様々なシーンの写真が貼り詰めてあった。「響け!」愛を感じる。素晴らしい!!

・劇場に入る。うーむ、これもレトロだぁ。劇場はそんなに大きくなく、スクリーンも大型ではないが、スクリーンから客席が近いので問題ない。

・時間が来たので上映開始。スクリーンにはカーテン状の緞帳がかかっていて、開始と同時に緞帳が中央から左右に開く。はじまりはじまり~、って感じ。

・予告編は1本だけだったので5分くらいですぐに本編へ。これはいい。

・さて、音響チェック。セリフの聞こえ方はまあまあか。音楽部分になると音量が上がって俄然迫力が出る。演奏シーンもそうだが、BGMも。演奏とセリフのシーンだと、セリフが若干聞き取りにくいかも。

・低音はズシンとくる感じだが、ティンパニとバスドラはきちんと分離している。

・高音についてはあまり好きではない。がちゃがちゃして、特定帯域が混じり合っている感じ。ハイエンドが伸びているわけでもない。

・それでも演奏シーンはやはり楽しめた。サンフェスとコンクールのシーンは何度観ても良い。

・エンディングの「DREAM SOLISTER Movie.ver」は、TRUEさんのボーカルにリバーブがかかったように輝いた歌声だった。他の劇場ではなぜかエンディングのときに音が小さくなったことがあったので、今回は満足。

・上映終了後、拍手が起きた!これやってみたかったんだ。観に来ている人たちは「響け!」の大ファンばかりだろうし、会場全体が温かい雰囲気に包まれた。最初に拍手した方に感謝!

・帰るとき、劇場の前で麗奈さん(の着ぐるみさん)に見送っていただいた。楽しかったです。ありがとう。

これで11回目の鑑賞になりました。「劇場版 響け!ユーフォニアム」を観に行ったことと同じくらい塚口サンサン劇場に行けたことが楽しい思い出になりました。また何か別の映画ででも行ってみたいな。


今日のまとめ
劇場版を観るためにいろんなところに行ける。
これもユーフォニ・アムさんのおかげです。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「響け!ユーフォニアム」研究 その13

ユーフォニアムを担当しております石田です。

「響け!ユーフォニアム」と京阪電車とのコラボ企画で、スタンプラリーでスタンプを集めたらクリアファイルをもらえるのですが、このたび、その5種類のクリアファイルをコンプリートしました!

DSCN1653.jpg

ただそれだけのご報告(&ちょっと自慢…)。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

「響け!ユーフォニアム」研究 その12

ユーフォニアム担当の石田です。

先日、名古屋の「イオンシネマ名古屋茶屋」という映画館に行って、劇場版「響け!ユーフォニアム」を観てきました。同じ映画をいったい何回観ているんだ?とお感じの方もいらっしゃると思いますが、これで10回目の鑑賞です!!

ここのイオンシネマには「ULTIRA」という、映像と音響にこだわった劇場があり、そこでこの映画を上映しているというので、行ってきた次第です。

AEON CINEMA ULTIRA 公式サイト

私の地元の映画館では、迫力のある音ではあるものの、若干こもった感じもする音質だったりするのですが、「ULTIRA」では、こもることのない綺麗な音質でした。全音域帯にわたりフラットな音質で、高音や低音がとりわけ飛び出た感じではなく、聴きやすい音色。音量も爆音ということでもなく適正。私の座った席は、後ろグループの最前列の中央だったのですが、迫力のある音を聴きたいのなら、もっと前の方がよかったみたいです。

音質は優秀ですが、高音域のクリアさについては川崎チネチッタの方が勝っていたかな。チネチッタは、会場に音が反響するくらいに高音域が伸びていた気がするので。

さて、「ULTIRA」はスクリーンが超巨大で、スクリーンから客席までの距離も近い感じがしたので映像の方はすごい迫力でした。この作品に関しては映像の迫力を楽しむものではないので、大画面だったら良いというものではないのですが、SFとかアクション物だったら楽しめるだろうなと思いました。

映画館ごとに音質や画面の大きさが違うので、同じ作品でも違った映画館で鑑賞したら、また違う楽しみ方ができますね。劇場版「響け!」は全国にまだ上映している映画館があるので、機会があったら、また遠征して観てみたいと思っています。


今日のまとめ
映画は映画館ごとに楽しみ方がある。
劇場版「響け!」はもうちょっと映画館で観たい。



にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

「響け!ユーフォニアム」研究 その11

ユーフォニアム担当の石田です。

先日、「劇場版 響け!ユーフォニアム」を観るために、川崎チネチッタという映画館に行ってきました!(神奈川県川崎市にある川崎チネチッタでは、「劇場版 響け!ユーフォニアム」をLIVEサウンドという、特別な音響で上映しているのです。ただし5月31日まで)

こちら↓
川崎チネチッタにてLIVE サウンド上映が始まりました!

5/14(土)~『劇場版 響け!ユーフォニアム』期間限定【LIVE サウンド】上映決定!


前評判どおりの、音響の素晴らしい映画館でした。以下、感想を箇条書きで。

・高音域がクリアで、セリフがはっきりと聞こえたので、一言一言のニュアンスまでよくわかった。セリフの声がフラッターエコーがかかったように響いていたので、音響装置だけでなく会場の残響もいいのかも。

・高音域がクリアになった分、滝先生が黒板にチョークで引っ掻く「キキーッ」音が強烈で、こちらの鳥肌も強烈に。

・前面中央(スクリーン下)に大型サブウーファが4台も置いてあり、ものすごい重低音。

・麗奈が最初に音楽室に登場するシーン(久美子が「ぼえぇぇぇ」)のところの効果音の「ゴゴゴゴゴ」が腹に響いてびっくり!!

・さらにそれを久美子が回想するシーンでも同じ轟音が鳴り響き、思わず笑う。

・効果音もクッキリと聞こえる。たとえば楽器紹介のシーンで、画面が変わるごとに「シャララーン」と。

・BGMがひたすら美しく、心に染み入る。

・合奏シーンの音の素晴らしさ。楽器(セクション)ごとに音が分離してクリアに聴こえる。宣伝文句どおり、映画館がコンサート会場になって実演を聴いているような音。

・ただしサブウーファが効きすぎて、低音域がぼやけてしまい、ティンパニとバスドラムが分離していなかったのはザンネン。重低音はバスドラムの空気感だけに抑えるくらいでよかったかも。

・人物が動くたびにかすかな衣擦れの音が入っていることに気が付いた。なんという細かな演出。大吉山で麗奈が久美子の顔に人差し指を立てて鼻筋から唇ぷるんのシーンもかすかに「ツー」と音が入っている。

・コンクールの演奏シーンは大迫力。映画館の残響も手伝っているのか、まさにコンサート会場のような音色。麗奈のトランペットソロの音色、太くかつ柔らかくてめちゃくちゃ綺麗。

・逆にエンディングテーマはちょっと抑え気味だったかな。もっと迫力があってもよかったなぁ。

・席はネット情報で視覚的にも聴覚的にももっともバランスが良いとの情報があった「R-14」を取った。席に着いたとき、かなり後ろのほうだったので、もっと前のほうが良かったかなぁと思っていたが(地元の映画館では前から3列目くらいで観ていたので)、映画が始まったら、情報どおり、この席が最高だった。もっと前だったら重低音が効きすぎてしんどかったかも。

ということで、地元の映画館で何回も観ている作品なのですが、川崎チネチッタで観ると感動3倍増しでした。お金かけて行った甲斐がありました!地元にもこんな映画館があったらいいのにな~。


今日のまとめ
音の良い映画館は感動が倍増。
やはりこの作品は音も重要です!


にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

「響け!ユーフォニアム」研究 その10

ユーフォニアム担当の石田です。

最近クルマの中で、「劇場版 響け!ユーフォニアム」のサントラCDをよく聴いています。

4月20日のブログでもご紹介しました、こちらのCDです。
「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」オリジナルサウンドトラック

テレビ版のサントラも素晴らしいのですが、劇場版もまたすごく良いです。そして、この劇伴(BGM)をよく聴く込んだ上で映画を観ると、より感動が増すのです。

実は、私は劇場版を最初に観たときは、TV版でのBGMの印象が強すぎて、あまり感動できなかったのです。しかしサントラCDを聞き込んだ上で映画を観ると、よく理解できました。劇場版では、TVで各話に置いていた感動シーンをあまり感動させずにさらっと流し(例えば、滝先生の指揮で「海兵隊」がうまく合奏できたときや、サンフェスで久美子が梓と会話した後のシーンなど)、最後のコンクールシーンに最大の盛り上がりが来るようになっており、その意図に合ったBGMになっているのだと思いました。

また、劇場版ではシーンに添った曲調になっているように思います。おそらく、映像ができてからそれに合うように曲を作られたのではないかと思いますが、例えば、葉月が秀一に振られて、「そっか…」とつぶやく瞬間、少し悲しいコードが響くという具合です(「あがた祭りの夜」という曲のラスト)。

(追記:シーンに曲がよく合っている例として、久美子が学校に携帯電話を置き忘れて取りに帰り、学校から帰り際に滝先生の一言に久美子が救われるシーン。滝先生からの一言を受けて久美子の表情がパッと明るくなる瞬間に曲が転調しています(「大切なもの」という曲)。これはテレビ版にもなかったもので、素晴らしい演出だと思いました。珍しくエレクトリックピアノとストリングスの組み合わせによる曲ですが、久美子の心情にぴったりと合っていて、感動的なシーンになっています。)

そのほか、大吉山のシーンは、TV版では「意識の萌芽」という神秘的とも言えるBGMで特別な夜を演出していましたが、劇場版では「意識の萌芽」に最初は似ている曲であるものの、それよりももっとエモーショナルな曲が使われています。長調と短調のコードが交互に出てくる、感情を揺さぶられる感動的な曲です(「特別になること」という曲)。

映画を観ていたときに流れていたBGMの各曲は、CDで改めて聴くと、ほんとうにどれも良い曲ぞろいだと感じました。TV版では不安な曲調の曲もありましたが、映画版のほうは美しい曲が多いように思います。ただ、映画のシーンに合わせて作ったからか、あまりにも短い曲があるのは少し残念(特にチェロのソロが美しい「それぞれの意思」はもっと長く聴いてみたかった)。

劇場版のBGMは全くの新曲もある反面、TV版BGMのフレーズ(特に「三日月の舞」や「運命の流れ」)が断片的に出てくるものが多く、それがなんともいえず、懐かしいような嬉しい気分にさせてくれます。

さてCDの最後に収録されている「DREAM SOLISTER Movie ver.」、劇場版で聴いたときも感動しましたが、CDで聴いても、やはり素晴らしいです。TV版の2期は違うテーマ曲になるでしょうから、DREAM SOLISTER が使われるのはこの劇場版で最後になるのでしょうけど、劇場版エンディングは、DREAM SOLISTER の集大成とも言える最高傑作ではないかと思っています。

ボーカルのTRUEさんの歌声は吹奏楽伴奏をはるかに凌駕して高らかに歌い上げます。そして吹奏楽伴奏に出てくる各セクションによるいろんなオブリガートや間奏は魅力的ですし、「ひびけー!」のメロディのところの伴奏にもいくつか違うパターンが出てきて面白いです。

コーダに入り、伴奏が2拍3連を打った後の「ラーララーラーラー♪」のところに来ると私の気分はさらに高揚し、涙が滲んてきます。さらにはラストは基音であるC音が何回も力強く提示されつつ、チューブラーベルが祝福の鐘を打ち鳴らして終わるのです(劇場版ではタイトルが大きく下から現れるシーン)。

この「DREAM SOLISTER Movie ver.」はぜひ楽譜を出版してほしい!そうすれば、文化祭などで歌の上手い高校生と吹奏楽部で発表できるから。

松田彬人さん、吹奏楽曲の作り方がどんどん長けてきておられるように思えます。これは2期でも、松田さん作曲の吹奏楽オリジナル曲がいくつか出てくるのではないでしょうか(文化祭で演奏する曲やチームモナカが演奏する曲など)。ぜひ期待したいと思います!


今日のまとめ
「響け!」はTV版に続き、劇場版BGMのCDもオススメです。
松田彬人さんの今後に大注目!




にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は2017年6月18日開催の『音楽の祭日2017inみんぱく』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示