ロンリープラネット

みなさん、ロンリープラネットってご存知ですか。

僕もつい最近、テレビを観てて知ったのですが、外国人が使う旅行ガイドブックで『地球の歩き方』のようなもので、バックパッカーにとっての「バイブル」だそうです。

51cx62O2guL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

【ロンリープラネットガイドブックシリーズの特徴】
(1)他の旅行ガイドではなかなか紹介されない、今までの海外旅行では通過点に終わっていた地域の魅力も紹介しています。
(2)ガイドする国やエリアを熟知している著者とスタッフによる詳細かつ質の高い内容は、これまでの日本のガイドブックとは一線を画します。
(3)バジェット型の安上がりの旅を求める人から、時間とお金をかけた旅を求める人まで、幅広くこたえられる情報量を誇ります。
(4)歴史、美術、建築、ゆかりの小説や映画の紹介まで、読むだけでも世界が広がる内容となっています。

テレビで知ったことによると、ロンリープラネットと契約している記者が世界各地を歩き回り、自分の目で見て体験して、ここは良いな!って思ったところを細かく紹介するそうです。対象が日本の場合、田舎など、通常の旅行ガイドでは取り上げないような所を取り上げていました。よく、なんでこんな有名でもないところに外国人の旅行客が結構いるんだろうという場合、もしかしたらロンリープラネットの功績かもしれません。

まずは日本版を買ってみて、国内旅行の穴場探しをしてみようかと思います。

Tp 牛島
スポンサーサイト

駅伝飲み

昨日は、11月17日(日)に駅伝に参加するメンバーと駅伝に応援に来てくれるメンバーとで、新宿で飲み会を開きました。

s_0056.jpg

場所は、「ごだいご 新宿武蔵野ビル店」(http://www.hotpepper.jp/strJ000000864/)です。

P018164635_480.jpg

料理はおいしかったです。特に写真の「産直!鮮魚6種の鬼盛り」の見た目がすごかったです。

一緒に飲んでいたN係長が、「私、かっこいい人はだめなんです。緊張してつかれちゃうから。」とおっしゃっていました。すばらしい人です。

さて、そろそろ走っておかないと本番の距離が3kmとはいえ、厳しいかもしれません。最近寒くて外に出たくなくなるのですが、ぼちぼち走ろうと思います。

Tp 牛島

国際化対応研修~異文化理解を疑似体験~

本日は、大学の国際化対応研修を受けてきました。

内容としては、以下のとおりです。

1 国際センター事務室の課長による講演
2 国際センター所属教員による講義(体験学習あり)
3 ジョージタウン大学へ語学研修に行ってきた職員による報告会

特に、2の講義では、異文化理解に関する体験学習をしました。
まず、受講生がA文化を持つグループ(5人)と、Z文化を持つグループ(15~16人)に別れます。そして少数派のA文化の人たちが多数派のZ文化の人たちの中に入って、異文化体験をするというものでした。僕は、A文化の役をやりました。

A文化の人たちは、以下のルールを守ります。※Z文化の人たちには教えてはいけません。
・ため口でフレンドリーに話しかける。
・誰とでも友達になる。

教室の外に一時的に出させられたA文化の人たちは、このルールを頭に叩き込んだ後、この時点ではどんな文化かわからないZ文化の人たちのグループに放り出されます。

僕が、極めてフレンドリーで半ば失礼な感じでZグループの人たちに話しかけると、何故だかわかりませんが、片手を挙げて話す人や、全く無口の人などがいて、どうもコミュニケーションがうまくいきません。何だか品定めをされているようにも感じてしまいます。

結局、Z文化の人たちはどんなルールを守っていたのかというと、こんな感じでした。
・自分と同じか又は自分より大きい人と話すときは、手を挙げなければいけない。
・自分より小さい人と話すときは、手を挙げなくていい。
・相手がそのように振る舞っていないときには、話してはいけない。

◎僕と話してくれなかった人は、僕よりも背が高い人だったのですが、僕が手を挙げて話さなかったから(相手の文化のルール「自分と同じか又は自分より大きい人と話すときは、手を挙げなければいけない」を守らなかったから)、相手も話してくれなかったのでした。

◎僕と話してくれた人は、僕よりも背が同じか低い人で、僕が手を挙げなかったとしても(僕自身相手の文化のルール「自分より小さい人と話すときは、手を挙げなくていい」を守っていることになったから)、相手が手を挙げて話してくれるのでした。

僕たちは、「常識」や「文化規範(上述のルール)」を知らず知らずのうちに持っています。相手の文化規範を知らないと、誤解が生じ、仕舞いには負の感情も抱きかねません。外国人留学生と接するときなどは特に、コミュニケーションで誤解が生じていると感じたら、きちんと補足説明や理由を説明するなど曖昧なことをそのままで放置しないことが大切だと思いました。

ASEAN.jpg
(イラストは、今後重要な地域となるASEAN(東南アジア諸国連合)の旗です。)

Tp 牛島

映画「ブラス!」

昨日、金管アンサンブルの練習が始まる前に、由良邸で「ブラス!」の録画を観ました。

screen1.jpg

廃坑で揺れる炭坑の町の名門ブラスバンドが、苦節をへてコンクール優勝の栄光をつかむまでを描いた作品です。実在の英国の名門ブラスバンド、グライムソープ・コリアリー・バンドがモデルで、劇中の楽曲は同バンドが演奏し、メンバーも出演者にまじって登場しているようです。(http://movie.walkerplus.com/mv30089/)

炭鉱廃止の厳しい現実が、そこで働く人々の生活や人生を苦しめていきます。音楽を通して人々のきずなが深まっていく内容になっていますが、最後まで気が抜けません。

結局、由良邸では全てを観ることができなかったので、次回宿泊時にまた観させてもらおうと思います。

Tp 牛島

練習後の焼肉

昨日、今日と京都で金管アンサンブルの練習です。
昨日は練習後にTubaの由良君と焼肉を食べに行きました。

niku1.jpeg

場所は、京都市伏見区にある焼肉の「安べえ」(http://安べえ.com/)です。

niku2.jpeg

練習後のビールと焼肉は最高ですな。そのおかげで昨晩はぐっすり眠れて、今日も元気に練習です。

頑張ってきます!

Tp 牛島

「経済史」(慶應通信教育)

僕は、働きながら慶應義塾大学通信教育部の経済学部に在籍していますが、ついこないだから「経済史」のテキスト(岡田泰男著、1997年)を読み始めました。

IMG_1212.jpg

このテキストを読むと、立命館大学文学部史学科西洋史学専攻に在学していたときのことがまざまざと思い出されます。ピレンヌテーゼ、マルク=ブロック、社会史などテキストに出てくる用語が懐かしい限りです。

と同時に、ゼミの先生だった小田内隆先生(西洋中世史、異端研究専門)から「牛島くん、本を読まなきゃダメだよ」とよく言われたこと、卒論の口頭試問で「なんでこんなテーマになっちゃったの?」と言われたことなど、苦い記憶も蘇ってきます。

「小田内先生、今、学部時代の勉強不足を取り戻しています!」

と小田内先生へお伝えしたいです。

Tp 牛島

『ほこ×たて』当面放送自粛

僕は、「ほこ×たて」が好きです。

しかし、
「フジテレビは24日、人気バラエティー番組「ほこ×たて」(日曜、後7・00)の27日以降の放送を取りやめると発表した。」(デイリースポーツ10月24日(木)19時4分配信,Yahooニュース)

index.jpg

デイリースポーツによると、

「問題となっているのは、20日に放送された「ほこ×たて」2時間スペシャルの中の対決『スナイパー軍団VSラジコン軍団』。ラジコンカーで出演した広坂正美氏(43)が「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」と自身が勤務する会社のHP上で“告発”した。」

やらせの内容としては、

「当初番組で決めていた対決のルールに従えば、最初にラジコンボートが3連勝したため、ラジコンカーもヘリも対決がないまま、ラジコン軍団の勝利が決定し、スナイパー軍団とラジコン軍団の対決は終了するはずだった」

「しかしそれではせっかく用意したラジコンカーとヘリの対決を見せることができない、として、編集者が対決の順番を入れ替えた。」

「さらに、ラジコンカーは撮影中のアクシデントにより、事実上の対決は中止となっていたにもかかわらず、放送では、ラジコンカーがスナイパーに撃たれて負けた事にされたことなど、“演出”が加えられていたという。」

「さらに、放送上は男性のクリスさんがスナイパーということになっていたが、実際には、女性スナイパーのレアさんだったという。」

フジテレビも放送自粛の理由を「1コーナーで収録の順番や対戦の運営方法について、不適切と思われる演出が確認されました」と説明しているようです。

広坂正美氏が言っていることが全て事実なのだとすれば、悲しいことです。まずはフジテレビの調査結果を待ってみたいと思います。

Tp 牛島

WindowsXPとOffice2003のサポート終了

来年、2014年4月9日(日本時間)で、Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了します(マイクロソフト)。

img_hero_01.jpg

最近職場のPCもXPからWindows 7へ移行しました。

tit_04.gif

「セキュリティ更新プログラムの提供が終了し、脆弱性が飛躍的に向上するため、ネットワークに接続して利用することは非常に危険です。攻撃者の格好の的となるためです。(マイクロソフト)」

とのことですので、もしXPをご使用の方は今年度中にWindows7か、新発売のWindows8.1に更新しましょう。

Tp 牛島

晴れた日は恋人と市場へ!

今日はカラオケで、12月1日(日)のクリスマスコンサートに向けた練習をしました。

特に重点的に練習した曲は、建部知弘作曲の「晴れた日は恋人と市場へ!"Toward the Fair with Sweetheart, on a Fineday!"」です。

49e392dc.jpg
(建部知弘)

建部 知弘(たてべ ともひろ)は、1957年新潟県生まれ、駒澤大学文学部国文学科卒業。在学中、サキソフォンを冨岡和男氏に、作曲・編曲を岩井直溥、上埜孝の両氏に師事。コンサート・マーチ「テイク・オフ」(1986年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)や「ケルト民謡による組曲」など、多数の吹奏楽曲の作・編曲を手掛けています。

そんな建部さんの曲を1曲、「テイクオフ」です。平成25年4月18日北九州市のリバウォーク北九州エナジコートで、福岡県警察音楽隊による第83回安全安心コンサートが開催されたようです。



「晴れた日は恋人と市場へ!」は、12月1日(日)に開催するクリスマスコンサートでぜひ直接聴いてください!

Tp 牛島

汚職等非行防止研修

昨日は職場の大学で、「汚職等非行防止研修」を受けてきました。

内容としては、汚職など非行(公費の着服、痴漢、盗撮、窃盗など)を根絶しようという趣旨の話を聴いたり、啓発ビデオを観たり、どうやったら汚職など非行を防止できるかをグループで話し合ったりという内容でした。

正にそんな研修を受けた後にニュースになっていたのが、大阪府河内長野市役所の職員による生活保護費の横領です。

汚職
記者会見の冒頭で頭を下げる芝田市長ら(21日午前、河内長野市役所で)=浜井孝幸撮影(読売新聞)

生活保護費の加算分の申請書類や受給者の領収書を偽造して、総額約2億6,600万円を着服したそうです。

大学は、科研費など国からの多くの補助金や助成金をもらっています。2006年の早稲田大学の松本和子教授による2億円を超える横領に始まり、多くの大学で研究費の不正使用が発覚しています。

人々の税金を扱っているという認識を、職員や教員に浸透させていくことが大切で難しい課題なのかもしれません。

Tp 牛島
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示