親知らず子知らず

僕は合唱曲が好きです。僕が中学校の合唱で歌った『親知らず子知らず』(山本和夫作詞、岩河三郎作曲)は良い曲です。



人間の熱く激しい想いが現れています。
こんな風にトランペットを吹きたいものです。

Tp 牛島
スポンサーサイト

ハイトーン

ハイトーンへの憧れ。

それは、トランペット吹きからテューバ吹きまで、金管プレーヤーなら誰もが(少なくとも一度は)抱くものではないでしょうか。

かくいう自分もハイトーン大好きで、ジャズやファンクなどでダブルハイの音域をスコーンと鳴らした録音を聴いているとシビれます。
メイナード・ファーガソンやウェイン・バージェロン、アルトゥーロ・サンドヴァルにも、一時期すごくハマりましたね。

ただ、クラシック作品では、そんな音域を使うのはそれこそバロック期のトランペットくらいなもの(ヴァルヴ・システムが開発された古典派以降の作品は全体的に低域化)で、一般的によく耳にするもののひとつに、ブランデンブルグ協奏曲第2番が挙げられます。




この完璧なパフォーマンスをご披露くださったのは、云わずと知れた名手であり名教師、ラインホルト・フリードリヒ氏です。
アンコールでは、ラストの1発をHiFに変えるという最高にスッキリさせてくれるオマケつき(カタルシス…とまでは流石に言い過ぎ?)。
たまりません。

そのほかにもハイトーンが聴ける作品はまだまだありますが、ここではもうひとつだけご紹介。
ジャズとクラシックのどちらもこなす天才プレーヤー、ウイントン・マルサリスのアルバム『クラシック・ウイントン』で初めて聴き、脳天にピーンと突き刺さった衝撃を今でも忘れません。
ハイドンはハイドンでも、知名度バツグンのヨーゼフさんではなく、その弟のミヒャエルさんが書いたトランペット協奏曲で、1楽章からハイトーンだらけで中間あたりではHiAが出てきます。
そんなただでさえキツイ曲を、さらに通常よりも遥かにスローテンポで吹き切っちゃってるのが下記動画です。



若干22歳、モーリス・アンドレの後継者として世界を股にかけるルベン・シメオくんです。
ここ数年何度か来日しており、日本でもすっかり有名になりました。
テクニックが先に出る印象でしたが、この動画を見て考えを改めた次第です。
この安定感と歌心、ただただ素晴らしい。
ちなみにHiAへ繋がるフレーズは、3:44あたりからどうぞ。

うーん…ハイトーン、いいですねぇ。

Tuba 由良

立命館大学交響楽団フェアウェルコンサート2013

2月8日(土)に、僕の母校の立命館大学交響楽団フェアウェルコンサート2013が開催されます。

farewell2013.jpg

◆立命館大学交響楽団フェアウェルコンサート2013
日時:2014年2月8日(土)
開場:18:00 開演:19:00
会場:京都コンサートホール 小ホール(アンサンブルホールムラタ)
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotoconcerthall/map.php
指揮:高倉 寛人(学生)
入場:無料 全席自由(一部指定)
 *誠に勝手ながら未就学児の入場はご遠慮頂いております。
曲目: ドヴォルザーク/スラブ舞曲より第7番・第8番
   スメタナ/連作交響詩「わが祖国」よりモルダウ
   ブラームス/交響曲第1番ハ短調
URL:http://ruso.s297.xrea.com/

もしお時間のある方は、聴きにいらしてください。

Tp 牛島

東京都知事選挙

2月9日に東京都知事選挙があります。

symbol.gif

画像は、いちょうを表した東京都のシンボルマークです。
このシンボルマークは、「東京都の頭文字「T」を中央に秘め、三つの同じ円弧で構成したものであり、色彩は鮮やかな緑色を基本とするものです。これからの東京都の躍動、繁栄、潤い、安らぎを表現したものです。」
(http://www.metro.tokyo.jp/PROFILE/mon.htm)

選挙公報が自宅に届きましたが、色々個性的な公約を掲げている候補者もいます。
よく見極めて選挙に臨みたいと思います。

Tp 牛島

ソロ曲選び~パリは燃えているか~

引き続き、4月のトランペットのソロ発表会の曲を探しています。

僕は、加古隆作曲の「パリは燃えているか」が好きです。


(2010年11月6日に放送された『題名のない音楽会』「ピアノで描く『もののあはれ』~加古隆の世界」より)

この「パリは燃えているか」は、1995年に放送されたNHK製作のドキュメンタリー番組「映像 の世紀」のメインテーマです。壮大かつ悲惨な歴史の流れと、それに翻弄されながらも、力強く生き抜いてきた人々のエネルギーを感じる曲です。

トランペットとピアノのアンサンブルでも、とても良い感じの曲になるでしょう。

Tp 牛島

ソロ曲探し

今度4月に、僕がレッスンを受けているNHK交響楽団首席トランペット奏者の菊本和昭さんの門下生の発表があります。
その発表会に僕も出ることが決まったのですが、演奏する曲を自分で探さなければなりません。



この曲は、アンドレ・ギャニオンが演奏する「Photo Jaunie(セピア色の写真)」です。昨年、ブラス・アンサンブル・サタデーのソロ発表会の時にはアンドレ・ギャニオンの「めぐり逢い」(トヨタのCMで有名)を演奏したのですが、アンドレ・ギャニオンの曲はメロディーがきれいです。

この曲も候補の一つに考えています。

Tp 牛島

風邪を引いてしまいました。

昨日の夜から、風邪を引いてしまいました。

どうも喉が痛いなぁと思いながら寝たら、案の定、翌朝には喉の痛みがさらに増していました。

いやー。昨日、仕事が終わった後に、ゴルフの練習に行って、その後にトランペットの練習にカラオケへ行ったのがいけなかったのかもしれません。

はたまた、こたつでぬくぬくと5時くらいまで寝てしまっていたのがいけなかったのかもしれません。

とりあえず、今日、仕事が終わった後に近くの病院に行き、薬をもらいました。インフルではなさそうなので良かったです。

最近、寒くなったり暖かくなったり、気温の変化が激しいので風邪には気をつけましょう!

Tp 牛島

妖怪人間ベム

僕は、「妖怪人間ベム」が好きです。
妖怪人間ベムは、1968年(昭和43年)10月7日から1969年(昭和44年)3月31日までフジテレビ系列にて毎週月曜日19時30分 - 20時00分の時間帯で放送されたテレビアニメ。全26話。

特にオープニング冒頭のナレーション部分が怖いです。途中から歌が始まりますが、テンポ良く、格好良い曲です。それまで暗く沈鬱な雰囲気だったところに、明るい光がさしたような感じになります。



また観たくなりました。

Tp 牛島

これは何でしょう?

私の持っている中で最安の楽器をご紹介します。
本体500円くらい。
マウスピース1000円くらい。
ほーす1

ゴムホースを切って、ジョウゴをくっつけて、自作しました。
マウスピースを持ってホームセンターに行き、ちょうどはまるサイズのホースを買ってくれば簡単。なんちゃってトランペットのできあがりです。
ジョウゴの口径と合わせるために、さらに一回り太いホースで接続しています。
ほーす2

このたった4cmくらいの太いホースが楽器のツボ形成のためにけっこう重要だったりします。
あると断然吹きやすいんです。不思議ですね。

マウスピースはヤマハの練習用マウスピースです。
透明な方が目立たなくていいかなと思ったので。

何に使うのか?と聞かれれば、まあオモチャですけど。
でも、先日のクリスマスコンサートをはじめ、実は本番でも使っています。
どうやって使うのか?
…それは私の出演する本番を見に来てくださればきっとわかることでしょう。
(ちなみになんちゃってラッパの次回の出演予定は未定です。だれか一緒にゴムホースアンサンブルサタデーやらないかなぁ。)

Tp山本


ゴルフの上達へ向けて

今日は、勤務時間終了後にゴルフレッスンに行ってきました。

image126.gif
(レッスンの先生:矢崎和プロ→http://www.girls-72.com/golf2.htm)

下半身と身体の軸がしっかりしていることの大切さを改めて学びました。中々普段、ゴルフの練習には行けてなくて、レッスンの度にもったいない感じがしています。今年は、もう少し自主練をしていけたらいいなぁと思っています。

ゴルフのアニメ・漫画と言えば、プロゴルファー猿とライジングインパクトを思い出しますね。
765189142_9d3debdf69.jpg
(プロゴルファー猿)

20060912135940.jpg
(ライジングインパクト)

どちらもおもしろかったです。

Tp 牛島
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は2017年6月18日開催の『音楽の祭日2017inみんぱく』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示