牛すき鍋定食

今日はすき家で「牛すき鍋定食」を食べました。

牛すき鍋定食

牛すき鍋定食は、準備が大変なメニューということで、従業員の過重労働と一緒に問題になりましたが、今回は「仕込み工程を大幅に減らすことで、作業効率を改善しました。」とのことだそうです。
→http://www.sukiya.jp/news/2014/11/20141117.html

おいしかったです。

Tp 牛島
スポンサーサイト

珈琲 空音 (コーヒー くうおん)

今日は、友達の田邉さん(下の写真左から2番目)が2010年に開いた西荻窪の喫茶店「珈琲 空音」へ行ってきました。
ホットココアを頼んだのですが、濃厚でミルクもかかっていて、僕の好みでした。ココアの後に、ちょっと苦いけど香ばしくておいしいコーヒーもいただきました。コーヒーはネルドリップ式(紙じゃなくて布製のフィルター)で、お湯を少しずつ豆に注いで、時間をかけて丁寧に作っていました。前から行こう行こうと思いつつも行けずにいたので、とても楽しかったです。

big_img_1096_237.jpg
(写真の出典)
http://www.cafe-master.com/cafes/nishiogikubo/coffee_kuuon

皆さんもぜひ一度お立ち寄りください。

Tp 牛島

ティンパニ協奏曲

朝晩はめっきり冷え込む今日このごろ、京都は毎年の事ながら観光客でごった返す紅葉シーズンとなりました。
BESは12/13開催のクリスマスコンサートに向けて、追い込み練習中です。

今日の練習を終え帰宅してから軽く一杯飲んでいたところ、こんな動画を見つけました。



マウリシオ・カーゲルというアルゼンチンの作曲家による、ティンパニ協奏曲のハイライト的なものです。
特に最後の一幕にはビックリですが、これはハプニングのように見せかけながら、れっきとした指示だそうで…。

ちなみに楽譜はこんな感じ。

121.jpg

このあと顔を出して拍手喝采を浴びるところまで、どうせなら見たかったですね(笑)

Tuba 由良

マレーシア音楽のワークショップ

先日、マレーシア音楽のワークショップに行ってきました。

IMG_3106.jpg
IMG_3111.jpg
RIMG0044.jpg
カムルル・フシン来日2
カムルル・フシン来日1

きっかけは、僕が担当している文科省の事業で、マレーシアから留学生がやってきたからです。マレーシアの音楽は聴いたことがなかったので、とても楽しかったです。音楽をとおして色々な人の心を一つになるんだよ、とカムルルさんはおっしゃっていました。

では、ワークショップに参加したみんなで体験した「ディキール・バラット(Dikir Barat)」の動画がありましたのでどうぞ(ワークショップの様子ではありませんが)。ディキール・バラットは、マレーシアのクランタン地方の民族芸能の一つのようです。密集している人たちのそばに歌い手が2くらいいて、その歌とリズムに合わせてみんなが一つになっています。



Tp 牛島

京都市民管弦楽団第90回定期演奏会のお知らせ

すっかり冷え込み、秋めいてまいりました。
所属しているオーケストラの定期がありますので、お知らせです。

kcp90.jpg

京都市民管弦楽団第90回定期演奏会
【日時】2014年11月16日(日)開場13:00 開演14:00
【プログラム】
  ♪喜歌劇『こうもり』序曲(J.シュトラウス)
  ♪ハイドンの主題による変奏曲(J.ブラームス)
  ♪交響曲第4番『ロマンティック』(A.ブルックナー)
【指揮】阪哲朗(レーゲンスブルク歌劇場音楽総監督)
【会場】京都コンサートホール大ホール(京都市営地下鉄烏丸線『北山駅』下車 1番出口より徒歩5分)
【入場料】前売券1,000円 / 当日券1,200円
【ホームページ】http://kyoto-civic.jp/index.html

指揮に、ドイツはバイエルンを中心に世界で活躍されている阪氏を迎えての第90回定期演奏会。
Tp西川、Hr宇野、BassTb高橋も出演します。

お時間よろしければ是非、北山まで足をお運びください。

Tuba由良

出来栄えへの執念

永田和宏さんという歌人をご存知でしょうか。
細胞生物学者で、京大の名誉教授でもある人なんですが、その人が興味深いことを言っています。

永田さんの奥さんも歌人で、乳がんを煩って亡くなってしまったのですが、奥さんが死の病床にあるとき、奥さんに対する自身の気持ちを次のような歌に詠んだそうです。

歌は遺り歌に私は泣くだらういつかくる日のいつかを怖る

nagata.jpeg

大変悲しい心境を詠んだ歌なのですが、このときのことを永田さんは次のように振り返っています(『家族の歌』文春文庫より)。
「(この歌の素晴らしい出来栄えに対して)「喜んだ」と正直に言っておこう」
どんな悲しみを表現するときにも、表現を生業とする者である以上、出来栄えを強く意識し、いい歌を作りたい!という思いが働いているそうです。
で、いい歌ができたら、「よっしゃ!」ってなるそうです。

…このエピソード、単純にカッコいいなと思いました。
なので紹介させていただきました。

何が言いたかったかというと、
どんなときでも出来栄えへの執念を持ち続けたい!
ってことです。

仕事が忙しかったり、体調が悪かったり、思うような演奏ができなかったりすると、「あーあ練習めんどくさいなー」となりがちな今日この頃ですが、それではつまらない。

演奏会に来てくれるお客さんは、いい演奏を聴いて、楽しみたいと思うからこそ来てくれるはず。
主催する私たちも、いい演奏をして、お客さんと喜びを共有したいと思ってこそ、音楽を楽しめるのだと思っています。

本番が近づき、師走が近づき、日々の忙しさにかまけて大切なことを忘れてしまわないよう、ここに書きつけておきます。

出来栄えへの執念を持ち続け、演奏活動を楽しむこと!

Tp山本
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示