フィンランディア

今日はちょっとブラスアンサンブルから離れて、オーケストラ作品の話。

アマチュアでオケを楽しんでいると、どの楽器でも、複数回演奏する機会が巡ってくる作品というのがあると思います。
Tuba吹きの僕の場合、学生時代にオーケストラサークルの門をたたき十余年、それはブラームス2番、チャイコフスキー5番、ドヴォルザーク8番といった交響曲であったり、はたまた白鳥の湖、威風堂々第一番、モルダウであったりというところでしょうか。

そんな中、とりわけこれまで演奏回数が多かったのは、シベリウスの代表作フィンランディアです。
学生時代に親の仇のごとく、そして市民オケに入ってもなお、いったい何回やったのかもう覚えていません。
それなのに、まだ一度も合唱付きでやっていないのは残念で仕方ありません。

参考演奏として、様々なオーケストラの演奏を集めて聴き比べたりもしました。
なんだかんだで10種類くらいは聴いて、結局オーマンディ&フィラデルフィア管(合唱付きヴァージョン)がとても気に入ったのは、いつごろの事だったか…。
吹奏楽版だったり、ピアノ版も2~3種類…、そうそう、偶然ライヴでピアノ独奏での実演に触れる事もできました。
金管八重奏版やブラスバンド版もあり、検索すればネットでもひっかかります。

そして今日、これは滅多に聴けないだろうという編成でのアンサンブルとしてこちらの動画をご紹介。



トランペットコアーならぬチンバッソコアーという、まさにマニアックの極みと讃えるに相応しい方々です。
ユーフォニアム&テューバのための八重奏版を、バストランペットも交えながら大編成で演奏してくれちゃってます。

豊かさに満ち溢れた低音の響き。
これぞハーモニーと言わんばかりの統一感。
迷いの無いフレージング。

これがまた意外と曲にピタリハマっていて『聴き心地が良いなぁ』と感じてしまうのは、やはり僕がテューバ吹きだからなのでしょうか…。

Tuba 由良
スポンサーサイト

定演の練習が本格的に開始

みなさま、お久しぶりです。
ご挨拶が遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、この1月から、いよいよ2015年5月9日(土)に開催される第8回定期演奏会の曲の練習が本格的に開始しました。東京に住んでいる僕は、コンスタントに月に2回程度練習に参加していきたいと思っています。(参考URL:http://bes911.web.fc2.com/Concert.html)

IMG_3805.jpg
IMG_3814.jpg

写真は、練習後に由良一家と一緒に食べに行ったお好み焼き屋「つくし」のスジねぎとお好み焼きの豚玉の写真です。この店は、アットホームな感じで落ち着くし、料理もおいしいし、とても気に入りました。お陰様でとても食べ過ぎました。その夜、夜行バスで東京へ帰ったのですが、若干おなかが苦しかったです。

Tp 牛島

リコーダーの魅力

年が明け、早くも3週間が経ちました。
新メンバーを加え、5月9日の定期演奏会に向けて早速練習をスタートしている私たち。
遅ればせながら、本年もブラス・アンサンブル・サタデーをよろしくお願いします。

ところで唐突ですが、僕はリコーダーの音色が好きです。

世界には様々な楽器があり、例えば浜松の楽器博物館には1,300種もの楽器が展示されています。
もちろんそのすべてを聴いた事があるわけではありませんが、今まで耳にしてきた楽器の音色の中で、リコーダーの持つ透明感というのは格別に素晴らしいなと感じていました。
特に、木製のものは尚更で、キングウッドを素材としたものは良いと一般的にも言われています。

クラシック音楽の世界に限定すれば、ルネサンス期からバロック期にかけては器楽合奏において重要な位置を占めていたリコーダーの存在も、その後フルートの登場で徐々に表舞台から影を潜めていきました。
バッハのブランデンブルク協奏曲、テレマンの組曲、ヴィヴァルディの協奏曲、ヘンデルのソナタなど今でも愛される名曲がある一方で、シューマン、ブラームス、マーラー、R.シュトラウスなどにリコーダーの為の作品が無いのはある意味当然の流れだったとはいえ、残念でなりません。
その一方、20世紀以降デヴィッド・マンロウやフランス・ブリュッヘン、ミカラ・ペトリなどの登場により独奏楽器としてのリコーダーの再評価が高まると同時に、古楽演奏ブームなども手伝って室内楽やオーケストラでもしばしば耳にするようになりました。
また日本の教育現場では、小学校の音楽授業で初めて触れる管楽器として親しみを持たれている方も多いのではないでしょうか。

そんなリコーダー、ここ5~6年ほどかなと思いますが、ゲーム音楽の演奏を自分で録画・録音したものを、動画投稿サイトでちょくちょく見かけます。
元々ゲーム大好きな僕としては、嬉しい限りです。
人によっては、『え?ゲーム音楽?』とか、『リコーダーでやるなんて(笑)』みたいな先入観もあるかもしれませんが、そのクオリティたるや目を見張るものが少なくありません。
で、その中でもおススメの動画がこちら。



美しい響きに、しばし耳を傾けていただければと思います。

Tuba 由良
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示