夏のふれあいまつり

buglers.jpg

7/26(日)、光徳学区自治連合会から依頼を受け、夏のふれあいまつりで演奏してきました。
台風も心配していましたが、当日は晴天!!
本番は夕方からでしたが、ギラギラの太陽のもと演奏してきました(*^^*)

曲目は誰もが知っているであろう、『となりのトトロメドレー』や『演歌メドレー』を中心に8曲演奏しました。
その中の『ラッパ吹きの休日』は最後の最後に山場があり、曲が進むにつれ、私の緊張が高まり、心臓がドクドク早くなっていくのがわかりました。
もう少し冷静に吹けていたらよかったのだろうか…。
練習不足だったのだろうか…。
肝心なきめどころで決められないのが悔しいです。
せっかく、ラッパ吹きの休日を演奏できる機会に恵まれたのにもったいないことをしました。
また、屋外で吹く楽しさと、難しさも感じました。
暑い校庭でしたが、爽やかな風も時折ふき、曲を口ずさんでくださる人もいることは嬉しいです。
ただ、メロディーが聴こえにくかったようです。
ただ単に大きな音で吹くということではなく、音の芯とか、響かせかた等も関係するような気がします。
今回もトランペットでパート練習を何回か取り入れたいという私の提案に快く付き合ってくれたトランペットメンバーに、一緒に演奏できたベスのメンバーに、演奏を依頼してサポートしてくださった夏まつりの関係者の皆さん、主催者とのやり取りから楽譜の準備など手配してくれた旦那に感謝です☆

Tp由良
スポンサーサイト

夏のふれあいまつり出演のお知らせ

DSCN0654.jpg

明後日の日曜日、依頼演奏に出演いたします。

光徳学区自治連合会主催
夏のふれあいまつり


【日時】2015年7月26日(日)夕方
【会場】京都市立光徳小学校 グラウンド
【BES出演予定時間】 18:00~18:45
【演奏予定曲】ロンドンデリーエア(編:J.アイヴソン)
        ワシントン・ポスト(J.P.スーザ)
        フニクリ・フニクラ(L.デンツァ)
        となりのトトロメドレー(久石譲) 
        ほか

当日は台風の影響が少し心配されますが、
是非、お越しください!

Tuba由良

ワイン

いつも好評な私たちブラス・アンサンブル・サタデーの自主演奏会チラシ。
私も毎回楽しみにしている一人です。

そのチラシデザインをお願いしているデザイナーさんに、
日ごろのお礼にと思って個人的にお中元を贈らせていただいたところ、
お返しに、新潟は上越の『岩の原ワイン』をいただきました\(^^)/

DCIM1641.jpg

おいしそうなワインに合うおつまみは、やはりチーズでしょうか?
せっかくいただいたワイン、美味しく飲みたいし、飲むのが楽しみです(*^^*)

Tp由良

日本留学フェア出展

今日は池袋のサンシャインシティーで、外国人留学生の受験生向けに、僕が勤務する大学をアピールするフェアに行ってきました!


初めて自分が勤める大学の全体的な話をしたり、何でうちの大学を志望してくれてるのかとっていう生の声を聴けてとても楽しかったです。

「卒業生から大学生活がとても楽しかったという話を聴いて、入学したいと思いました!」っていう中国からの留学生の話を聴けて、嬉しくなりました。

Tp 牛島

PTA感謝の集い2015

7/4、京都コンサートホールで京都市のPTA感謝の集いがあり、そのあと、親子コンサートと題して京都市民管弦楽団による演奏がありました。
未就学児も聴きに行けるこのコンサート、私も長男と一緒に聴きに行きました♪
京都市民管弦楽団は主人が所属しているオケですし、ブラス・アンサンブル・サタデーのメンバーもいたりで息子は客席から声援をおくっていました(笑)
クラシックのコンサートでしたが、CMやドラマのエンディングで使われた曲も含まれており、息子も知っている曲は口ずさんで聴いていました。
三年前は私のお腹の中にいて、いつか息子と一緒にと思っていたので念願叶って主人の演奏を聴きに行けたのが嬉かったです(^^)

Tp由良

近くのラーメン屋

気になっていたものの行ったことがなかった家の近くのラーメン屋に、先日行ってみました。


そしたら、正に山盛りが売りっぽいラーメン屋で、写真に写っているラーメンもラーメンの小です。
ラーメンを山盛り食べたいときは良いかも、、、

Tp 牛島

第8回定期より -金管六重奏のための組曲-

早いもので、今年も半年が過ぎ、後半に突入しました。
5月の定期以降、BESは毎月本番が続きますので、新曲も含め、練習に励んでいます。

さて、第8回定期での演奏動画から、本日はルロイ・オストランスキー作曲『金管六重奏のための組曲』をお届けします。
オストランスキーは1918年に生まれ、75歳で亡くなったアメリカの作曲家です。
日本では、この『金管六重奏のための組曲』がもっとも有名な曲のひとつですが、ほかにも5曲の交響曲や、オペラ、サックスアンサンブル、オーボエ独奏のための作品などが残されています。
また、生前はワシントンのピュージェットサウンド大学で音楽教育にも力を注いでいたようで、確かにこの作品にしても、音楽の基本的なエッセンスである、リズム・メロディ・ハーモニーをわかりやすく学べるよう、また、音域が広くなり過ぎないよう、配慮されています。
日本のアンサンブルコンテストでも中高生に演奏されることが多いこの曲ですが、今回、私たちが演奏会で取り上げるにあたり練習を重ねる中で、表現に様々な工夫がなされており、わかりやすいけれど一筋縄ではいかない面白さがあることに気づかされました。
それぞれが1~2分の短い3つの楽章から成り、各楽章には、力強さ、優しさ、楽しさがといった表情が明確に描かれています。
トランペットではなくコルネットが指定されているのもひとつの特徴で、そのあたりもご注目いただきながら、どうぞお楽しみください。



https://www.youtube.com/watch?v=D3QwIQFi19o

Tuba由良
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示