中国ブラ歩き その13

アモイの2回目です。

租界というのをご存知でしょうか。治外法権を有した外国人居留地のことで、1903年の南京条約以後に列強(日本も含む)の支配が進んだ中国には各地にありました。上海にあったのが有名ですが、ここアモイにも共同租界として各国共同で管理する租界がアモイのすぐそばのコロンス島にありました。漢字では鼓浪嶼島と書きます。気候の温暖さ、風光の明媚さから、租界地になってからスペイン、フランス、ドイツ、日本など、13カ国の外国人が競うように別荘を建てました。そういった洋館がたくさん残っていて、今は中国人に人気の観光地になっています。ということで、今日はコロンス島を紹介します。

まず、アモイの埠頭からフェリーに乗ります。人いっぱいで立ってますが5分で着きます。
IMG_3533_convert_20160730130337.jpg

案内看板、英語、日本語も。この小さい島(面積1.8平方キロ)にピアノとオルガンの博物館があります。さらに音楽学校とコンサートホールまで。
IMG_3536_convert_20160730130404.jpg

さて、ぶらぶらしてみましょう。礼拝堂があります。
IMG_3539_convert_20160730130524.jpg

元英国領事館
IMG_3537_convert_20160730130550.jpg

IMG_3542_convert_20160730130445.jpg

IMG_3543_convert_20160730130620.jpg

気根の発達した大木
IMG_3546_convert_20160730130648.jpg

日光巌、ここはコロンス島の最高峰92mです
IMG_3558_convert_20160730130733.jpg

菽荘花園、1913年に台湾の富豪、林叔蔵が私邸の庭園として造成したもので山の上にはピアノ博物館があります。
IMG_3566_convert_20160730130853.jpg

上のレンガの建物がピアノ博物館
IMG_3559_convert_20160730130918.jpg

海岸沿いの回廊、夕日がきれいだそうです
IMG_3556_convert_20160730130941.jpg

ということでコロンス島を紹介しました。

最後にアモイの料理を少し。
土笋凍(どじゅんとう)というアモイの名物料理で、ゼリー状の食べ物で中にはみみずのような海の虫が入っています、コラーゲンがたっぷりでこりこりとおいしい。私はわさび醤油でいただきました。
アモイ料理1_convert_20160730131101

元はどんなだか見てみたいですか。ここに載せるのは差し控えますが、興味あるかたはネットで調べてみてください。ただ、味は保証します、アモイを訪れるチャンスがあればぜひトライしてください。

あとは、沙茶麺(写真の左側)。これはごく普通にうまいです。
アモリ料理2_convert_20160730131126

ということでアモイの紹介でした。

Tp. 福森


にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「響け!ユーフォニアム」研究 その13

ユーフォニアムを担当しております石田です。

「響け!ユーフォニアム」と京阪電車とのコラボ企画で、スタンプラリーでスタンプを集めたらクリアファイルをもらえるのですが、このたび、その5種類のクリアファイルをコンプリートしました!

DSCN1653.jpg

ただそれだけのご報告(&ちょっと自慢…)。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ニフレル

2016070610550000.jpg

ニフレルに母と妹、子どもたちとで行ってきました。母たちに会うのは4ヶ月ぶり。
『子どもたちに会いたい、会いたい』と言ってくれていたので、喜んでくれました!
ニフレルはペンギンやペリカンを間近に見ることができます。
ホワイトタイガーの食事中の迫力は次男が大泣きするほどでした。
小さな子どもたちでも見えるように水槽が低めになっているのもいいと思いました。

行った一週間前にオープンしたという、日本で一番大きな観覧車にも乗りました。
観覧車の中がもっと涼しければ尚よかったです。

ニフレルまで我が家からは車で1時間くらいで行け、近くてびっくりでした。
施設内の設備は子どもを連れていきやすいようにできていて(特にトイレ。個室はベビーカーのまま連れて入ることもでき便利)、お出かけが楽チンでした。
見るところ、遊ぶところがたくさんあり1日中楽しめそうです。また家族でも遊びに行きたいです\(^o^)/

トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

2つのミニコンサート

07100717.jpg

テューバの由良です。
先週と今週の日曜日は、2週連続でミニコンサートを開いてきました。

先週7/10(日)は、東山老年サナトリウムでの依頼演奏。
40名ほどの利用者さんが広場に集まってくださり、

 ①青い山脈
 ②川の流れのように
 ③胃腸薬の主題による4つの変奏曲
 ④テキーラ
 ⑤ふるさと
 ⑥東京ブギウギ

の計6曲を演奏いたしました。
利用者さんやスタッフさんから喜びの声をたくさんいただき、嬉しい限りです。

続いて本日、7/17(日)は京都市立春日丘中学校での訪問演奏。
2年前(http://bes911.blog71.fc2.com/blog-entry-285.html)に続き、2回目の訪問です。
今回は、春日丘中学校の吹奏楽部員だけでなく、隣の醍醐中学校からも吹奏楽部員が聴きに来てくれました。
ありがとう!
ここでは、9/10(土)に開催を予定している第9回定期での演奏曲を中心に、

 ①鐘つき男
 ②君の瞳に恋してる
 ③サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
 ④胃腸薬の主題による4つの変奏曲
 ⑤テキーラ
 ⑥フェイマス・ジャズ・メドレー
 ⑦高貴なる葡萄酒を讃えてよりⅠ.シャンパン
 ⑧生徒たちと一緒に…マーチ・スカイブルー・ドリーム

といったプログラムでお届けしました。
すごく熱心なまなざしで見つめながら、集中して耳を傾けてくれたこども達に、感謝です。

この2回のミニコンサートは、第9回定期の宣伝活動でもありました。
是非、当日はひとりでも多くの方がご来場くださる事をメンバー一同楽しみにしています。

BES_leaf_omote01.jpg

Brass Ensemble Saturday 第9回定期演奏会
〜芳醇な薫りのブラスサウンドをあなたに〜
【日時】2016年09月10日(土)
    17:30開場 18:00開演
【会場】京都市立京都堀川音楽高等学校 音楽ホール
    (地下鉄東西線「二条城前駅」下車、2番出口より徒歩すぐ)
【入場料】無料(整理券不要・全席自由)
【プログラム】
 ♪高貴なる葡萄酒を讃えて
  (G.リチャーズ)
 ♪ディヴェルティメント
  (L.サルツェド)
 ♪鐘つき男
  (新川奈津子)
 ♪吹奏楽のための第2組曲 ヘ長調 作品28の2
  (G.ホルスト、編:D.サブラン)
 ♪サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
  (R.ロジャース&O.ハマースタイン2世、編:大久保圭子)
 ♪ガーシュイン・アンソロジー
  (G.ガーシュイン、編:高山直也)
 ほか

Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

7月9日の練習報告

こんにちは。
Tpの西川です。

7月9日は、15時から第2組曲メンバーでの練習、18時から7月10日&17日の訪問演奏に向けての全体練習でした。

全体練習は、2回の本番直前ということで、通し&少し返すという内容でした。

♪17日に向けての練習曲
鐘つき男
君の瞳に恋してる
サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
胃腸薬の主題による4つの変奏曲
テキーラ
フェイマスジャズメドレー
『高貴なる葡萄酒を讃えて』よりシャンペン
マーチ・スカイブルー・ドリーム


フェイマスジャズメドレー 演奏中



♪10日に向けての練習曲
青い山脈
川の流れのように
胃腸薬の主題による4つの変奏曲
テキーラ
ふるさと
東京ブギウギ


川の流れのように 演奏中



17日の本番に向けて、もう全体練習はないので、
コンディションを整えたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

8月BES練習日程

8月BES練習日程です。

11(木祝)18:00-21:30@呉竹
早坂先生レッスン

14(日)18:00-21:00@バンビオリハスタ1

27(土)18:00-21:30@呉竹

28(日)18:00-21:30@北文化

今日はこれから、東山にて依頼演奏があり、Brass Ensemble Saturday ミニコンサートをします!
がんばってきます♪

Tp 西川

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

6月25日練習日記

こんにちは。Tpの酒井です。
祇園祭も始まったというのに、6月の練習日記を書きます(*ノェノ)

6月25日(土)のスケジュールは9月10日の定期演奏会の曲を中心に行われました。
 6/25(土)18:00-21:00@ネイヴ
   18:30 基礎合奏
   18:50 ガーシュイン
   19:20 休憩
   19:30 サウンド・オブ・ミュージック
   20:00 葡萄酒(2楽章、4楽章、5楽章)

■ ガーシュインメドレー
曲の後半を練習。特別に難しいフレーズには聞こえないけど、
近代の曲であることと、原曲もジャズとクラシックの融合を
目指して書かれているだけに、雰囲気を作り上げるまでには
もう少し時間がかかりそうです。
旋律をどこまで揺らして良いのか、8分音符をswingで演奏す
るのか、evenで演奏するのかそれぞれ考えておきましょう!

■ サウンド・オブ・ミュージック
5月の高槻ジャズストリートでも演奏しただけに、纏まりがあ
ります。
今後の課題としては、主旋律が浮き出すように全体のバランス
を制御する必要があるかと思います。
  
■ 葡萄酒(2楽章、4楽章、5楽章)
曲全体の構成にも少しずつ慣れてきました。ここからは楽曲自
体を練り上げていく必要があります。
各楽章にわかりやすいテーマがありますので、それを十全に表現
していきましょう!
各パートミュートの脱着が大変ですよね。私は対応策としてミュー
トスタンドを購入しました。
これでかなり楽になりましたよ!

■ 訪問演奏のための「ふるさと」合奏
由良さんが当日の編成のために編曲してくれました。ありがとうございます。

以上、練習日記でした。。。


にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

京都の中古楽器店

ユーフォニアムを担当しております石田です。

私の家の近所に、中古楽器店があります。
「よしや楽器」というお店です。
こちら↓
http://www.yoshiyagakki.com/index.htm

公式サイトの写真に見えるように、ほとんどがギターのお店です。ギター好きの方ならすごく楽しめると思います。

でも一部、管楽器も置いてあるのです。上記公式サイトの左下の写真の左のほうにガラスケースが見えますが、ここにトランペットやアルトサックスが並んでいます。店内にもトロンボーンやフリューゲルホルンが並んでいたりして。

私は普段からこのへんをよく通りかかるので、行くたびに店内を覗き込んでいます。実は今までにこの店で、いくつか金管楽器を買ったのです。

私が当団体で吹くトロンボーン(BACH 42BO)はこのお店で10年以上前に買ったものです。その他、ベッソンのコルネットやヤマハのフロントベルユーフォニアムなども買いました。

しょっちゅう店を覗いていると、たまに珍しい楽器にめぐり合うこともあり、自分の専門外の楽器でも衝動買いしてしまうことがあるんですよねぇ。

金管楽器の良いものが並んでいるかどうかは運によりますが、興味のある方は行ってみても面白いと思いますよ。


今日のまとめ
中古楽器店にはなかなか魅力的なものもある。
足繁く通うといい買い物ができるかも。



にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

私も譜面台を新調

ユーフォニアム担当の石田です。

当ブログ6月26日の記事に、由良さんが譜面台を新調した記事がありますが、私も譜面台を買いました。

といいますのは、長年愛用してきた譜面台がついに壊れてしまいまして。足の部分を留めるネジがゆるゆるになってしまい、留まらなくなってしまいました(ネジ山が摩耗してしまったのだと思います)。

20年以上使ってきた譜面台で、愛着があったのですが、使えないと困るので、買い換えました。

アマゾンで調べてみると、軽量のものなど、いろいろあったのですが、結局同じものを買いました。
これ↓
ウィットナー 譜面台 961D WITTNER MUSIC STAND 961D

これ、鉄製なので重いのですが、なんといっても20年以上ももつ信頼性があるし、譜面を乗せるところの腕を伸ばせば、4ページ分の楽譜を広げることができて、便利なのです。

さて、この譜面台とともに、あと20年以上、演奏できるかな?


今日のまとめ
モノは大切に扱って長く使うのが私の主義。
使って使って使い続けるぞ。


追記
上記、アマゾンの商品説明のところを読むと「重量は1kgあり、同じサイズの譜面台のなかでは重たい部類に入りますが、耐久性に優れており、20年以上の使用に耐えます。」と書いてあった。まさに書いてあるとおり!!

追記その2
アマゾンで注文していたのが今日(7月6日)届きました。ピカピカだし、ネジや接続部分もしっかりしていてイイな~。今まで知らなかったのですが、この製品はドイツ製なのでした。この手のものって今や、ブランドはドイツでも製造は中国ということが多いと思うのですが、製造もドイツなので(MADE IN GERMANY と書いてある)、なんかすごいなぁ。得した気分(?)。



にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

中国ブラ歩き その12

ちょっと久しぶりの中国ブラ歩きです。今回はアモイの街を紹介します。

厦門と書き、シャーメンと読みますが、日本ではどういうわけか、土地の方言での発音アモイのいい方の方が知られていると思います。とは言ってもほとんどの方がどこにある街か分からないと思いますが、簡単に言えば上海と香港の間にある福建省の島であり、港町です。アヘン戦争後の南京条約で広州、福州、廈門、寧波、上海の5港開港が決められここアモイも海外に向かって開かれることになりました。余談ですが、アヘン戦争とそれに続く南京条約は列強によるアジアの支配がせまっているということで、日本でも吉田松陰や佐久間象山ら幕末における改革の機運を盛り上げるなど大きな影響を与えました。今のアモイは温暖で風光明媚な観光地であり、産業の発展もすさまじく、中国のなかでも豊かな地域となっています。

さて、今回紹介するのはまず、胡里山砲台です。胡里山砲台は厦門島の西南、厦門大学の近くに位置しています。清時代光緒年間(1841)に建てられました。自慢は当時の世界最大の大砲(ドイツ製)です。長さは14m、重さ60トン、口径28cmあります。

砲台の丘
IMG_3469_convert_20160704224807.jpg

海を望む
IMG_3478_convert_20160704230645.jpg

これがその大砲の威容
IMG_3481_convert_20160704225016.jpg

近くのアモイ大学の校門
IMG_3503_convert_20160704225046.jpg

木綿花がきれいです
IMG_3504_convert_20160704225108.jpg

この地から世界に出て行った華僑の信仰を集めている南普陀寺に行ってみましょう。

IMG_3507_convert_20160704225125.jpg

ちょっと違和感のある仁王さん
IMG_3509_convert_20160704225256.jpg

IMG_3516_convert_20160704225346.jpg

IMG_3510_convert_20160704225320.jpg

IMG_3518_convert_20160704225410.jpg

上からのアモイ市街のながめ
IMG_3519_convert_20160704225428.jpg

次回もアモイのを紹介します。

Tp.福森


にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は7/1開催の『PTA親子コンサート(関係者のみ)(バンダ出演)』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示