ユーフォ、帰還しました

ユーフォニアム担当の石田です。

2月12日のブログで書いておりましたように、私のユーフォ(ヤマハYEP-642S Neo)の支柱の溶接がはずれたので、楽器店に修理に出しておりました。修理といっしょに整備として管内を薬剤で洗浄してもらい、ピストンの調整もしてもらっていたのですが、2週間たって私の手元に戻ってきました。

まず見かけがピッピピカになりました。キズは消えていませんが、表面の銀メッキが磨かれて新品のような輝きです。

そして、ピストンの動きも新品のときのようになりました。整備に出す前も快調に動いていたものの、ピストンを動かすとパコンパコンという感じがありました(なんじゃそら?)。動きは良いのですが、ピストンが上下に当たった時にカチンと当たる感覚があったということです。これがフェルトやパッドなどを新品に取り替えてもらうことにより、当たりがソフトになりました。それとピストンの動作がスパスパと、確実な感じになりました(なんとも表現しにくいのですが)。

そして吹いてみた感想。支柱の溶接が直ったせいか、管内が綺麗になったせいか、はたまた単なる思い込みかもわかりませんが、とにかくよく響くようになりました!!低音から高音までムラなく、同じようによく鳴ります。たぶん新品の時はこんな感じだったんだろうなと思います。これからこの楽器を使って練習や演奏するのが楽しみになりました。

私はユーフォの経験は30年以上になるし、楽器も何台か使ってきたのですが、整備に出すのは今回が初めてだったのです。私は楽器を何ヶ月かに一度、自分で水洗いしていて、基本的にピストンは機嫌よく動くので、とくに整備の必要性は感じていませんでした。しかし、今回初めて整備に出してみて、機能的にも音色的にも改善されたので、やっぱりたまには整備に出さなきゃいけないな、と思った次第です。

どうも調子が出ないな、と思っている金管奏者の方がいらっしゃったら、試しに楽器を整備に出してみるのもアリかもしれませんよ。お金はかかりますが、それだけの価値はあると思います。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2/18(土)練習

IMG_1281.jpg

2/18(土)は京都市交響楽団のトランペット奏者、早坂先生のレッスンを受けました。
レッスン内容は以下の通りです。

2/18(土) 18:00-21:30@呉竹(早坂先生レッスン)
   18:50 フェイス・ラテン・メドレー
   19:30 ディープ・ハーモニー
   20:00 休憩
   20:10 バッカスの行列
   20:50 王宮の花火
   21:20 終了(その後飲み会@白木屋)

フェイス・ラテンは同じ動きの人と音の長さや和音がはまるとかっこよくなる曲だと思います。レッスンで、音の長さ、吹き方についてアドバイスを受けました。
どの曲もそうですが、自分以外のパートがどんな動きをしているか、そして自分のパートの役割を知ることで曲は整理されて聞きやすくなり、吹いている方も楽しくなると思います。
よく演奏中に譜面ばかりにとらわれていて目が合わない、とメンバーに指摘されることがあります。
メンバーとアイコンタクトとれるようにしたいです。
ディープ・ハーモニー、練習回数を重ねていくうちにどんどん好きになってきた曲です。
メロディーと他のパートの掛け合いがとてもきれいです。メロディーの受け渡しに気をつけて春の雪解けみたいにあったかい気持ちで吹きたいです。
バッカスの行列は音量の差に気をつけながら吹きたいです。細かい動きはパート練習で何回も繰り返しつめていきたいと思います。
王宮の花火、煌びやかな曲だなと思って吹いています。
少人数でメロディーを吹き、最後は全体で合わせますが最後に向かって盛り上げていきたいです。
そのためには今回早坂先生に言われた八分音符の長さに気をつけて演奏したいと思います。

IMG_1285.jpg IMG_1286.jpg


レッスン後の飲み会では、お腹いっぱい食べました~^_^
そしていつものことですが話は尽きることなく、楽しい時間を過ごしました♪


トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

家族旅行(予定)

今週は家族で一泊二日の日程で東京に出かけます。
今回のメインはディズニーランド。
長男が去年から行きたい、行きたいと言っており、今回の旅行を誰よりも楽しみにしています^_^♪
事前に本も買ってあれが見たい!これが食べたい!あれが買いたい!と毎日言っています。
旅行に行く前に本を見ながらあれこれ想像するのは楽しいですね!

今回の旅行も主人が新幹線の予約やホテルの予約をしてくれました。
手配を一手に引き受けてくれ、ありがたいです。
主人のとってくれたホテル、『ハニートースト』『パンプディング』『キッズ用ブッフェコーナー』など品数豊富な朝食が人気らしく、旅の楽しみの一つです☆
http://www.gardenhotels.co.jp/prana-tokyobay/breakfast/

お天気が少し心配ですが、楽しんできたいと思います(o^^o)

トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

2月12日練習日記

2/12(日曜日)の練習日記をお届けします。

3月の本番に向けての練習もだんだん本格化してきました。本日のメニューは次のとおり

   18:30 基礎合奏(福森)
   18:50 バッカスの行列(福森)
   19:30 沖縄民謡メドレー(由良さん)
   19:50 ディープ・ハーモニー(由良さん)
   20:10 王宮の花火(由良さん)
   20:40 フェイマス・ラテン(由良さん)
   21:20 終了

基礎合奏に続いてはドリーブの有名なバレエ音楽シルビアからの
バッカスの行列(編曲)です。有名なTpのファンファーレで華やかにスタートします。アーティキュレーション、タンギングはシングル?ダブル?音符の長さは、音程は、などなどどう演奏するか何回も吹いてみるもののなかなかしっくりこない。かっこいいフレーズをかっこよく吹くのはいつもながら難しい。ロジェ・デゾルミエールの演奏に惚れ込んでいる私としては、19世紀のパリオペラ座の舞台を思い浮かべながら演奏したい。続いては新曲試奏で沖縄民謡メドレーを。Tpソロが印象的な曲。ぜひ本番で演奏したいという気にさせてくれました。

ディープハーモニーはコラールのメロディーラインの強化と中間部のオブリガートのバランスから譜割りを見直したので、バランスの
確認を行う。息をたっぷり使って柔らかくて芯のある音を出したい。

王宮の花火は走る八分音符、転ぶ16分音符と戦いながらいかにインテンポを守れるかが私のテーマです。

フェイマス・ラテンは知っているラテンのメロディーが随所に出てきて楽しいのですが、なかなかリズムに乗るのが難しい。
  
と、いろいろ課題は山積みですが、少しでも楽しんでもらえる演奏が出来るよう練習していきます。写真を撮り忘れたので、由良さんのビデオからキャプチャーしたのを付けます。王宮の練習風景です。

20170212_convert_20170215225620.jpg

Tp.福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

トランペットパート練習

Tpの西川です。

昨日2/16は今月2回目のトランペットパート練習でした。

♩コラール練習
バッハ コラール集より
15 来れ、創造主にして、聖霊なる神よ BWV370


♩3月本番に向けての練習
バッカスの行列
ディープハーモニー
フェイマスラテンメドレー
王宮の花火の音楽より 歓喜






苦手なリズムの練習と、音程や音のかたちを確認しました。

2/18(土)の全体練習では、京響の早坂先生に見ていただきます。

レッスンに向けて準備万端!!
とはいかないですが、ココは気をつけよう、とか、ココはこう吹こう、というようなことをメンバーで共有できたので、少しでもパー練の成果を発揮できるようがんばります( ̄^ ̄)ゞ

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

3/26(日)KITABUNの春・音楽会 チラシ

3月11日(土)に京都コンサートホールで開催の『音楽でつながる♪リレーコンサート』に続き、3月26日(日)には京都市北文化会館にて『KITABUNの春・音楽会』に出演予定です。
その公演チラシが届きましたので、早速こちらでも紹介いたします。

20170326市民創造チラシ

京都市北文化会館自主事業
市民創造ステージ
KITABUNの春・音楽会


【日時】
 平成29年3月26日(日) 13:00開場 13:30開演
【会場】
 京都市北文化会館ホール
【入場料】
 無料/自由席
 (定員405名/先着順)
【主催】
 京都市北文化会館(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
 京都市
【問い合わせ先】
 京都市北文化会館 075-493-0567

公募による8団体が、吹奏楽・コーラス・ハーモニカ&ピアノなど、様々な音楽を奏でます。
私たちBESはトリを務めさせていただく事になっており、

 ♪F. ヘンデル(編:J. シェーファー)
  《王宮の花火の音楽》より〈歓喜〉

 ♪喜納昌吉・普久原恒勇(編:三澤慶)
  沖縄民謡メドレー
  ~てぃんさぐぬ花・ハイサイおじさん・芭蕉布~

 ♪B.B.モンテルデ・P.プラード・A.バホーゾ(編:中川英二郎)
  フェイマス・ラテン・メドレー
  ~マカレナの乙女・マンボNo.5・ブラジル~

の3曲を演奏予定です。
まだ少し先ではありますが、みなさまのご来場をお待ちしております。

Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ユーフォの修理

ユーフォニアム担当の石田です。

先日、シダレン(シダックスの部屋で練習すること)を終わり、家に帰って楽器の手入れをしていると、管を持った時に妙にカクカクした感じが。1番抜差し管のあたりに違和感があるのです。前からこんなだったっけ??

念入りに調べてみると、管を支える支柱の溶接がはずれていることがわかりました。

私の愛機(ヤマハYEP-642S Neo)は、1番抜差し管の支柱が4番抜差し管につながる構造になっているのですが(一般的なユーフォは1番抜差し管からベルにつながる支柱が付いているが、なぜか642ではこの支柱がない)、ここに負荷がかかり、溶接がはずれてしまったようです。ケースから楽器を取り出すときなどに、ついこのあたりを片手で持ってしまうのがよくないようで(反省反省)。

翌日、楽器屋さんに持って行って見てもらいました。支柱がはずれてかなり経っているそうで、接着面が汚れているので、支柱を一旦取り外して洗浄したあとに、溶接するとのことでした。

支柱の溶接だけだと5000円くらいだそうですが、折角の機会なので、管の内部を薬剤を使って洗浄してもらい、ピストンも調整してもらうことにしました。そこまですると約5万円だそう(う!痛!!)。でもまあ、かなり使ってきた楽器ですし、長く使うためにはメンテナンスも必要ですしね。

金管楽器にとって、支柱がしっかり付いているのは実は重要なことで、トランペットでは、メインの支柱のないモデルとあるモデル(支柱も1本のもの、2本あるもの)があり、それぞれ吹き心地や音色が違うそうです。なのに私は支柱がはずれたまま、本番で演奏していたのでした(まことに面目ない…)。

支柱が直り、管内も綺麗になったら、どう吹き心地や音色が変わるのか、楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ユーフォのDVD

ユーフォニアム担当の石田です。

前回、三浦徹さんの教則DVDをご紹介しましたが、私の持っている他の教則DVDもご紹介します。

「ユーフォニアム・マスター」(講師:露木薫)
露木さんは三浦さんのお弟子さんにあたります。三浦さんのユーフォがベッソンなのに対し、露木さんはウィルソンなので音色の違いも楽しめます。内容は、練習に入る前の心構えから、楽器を持つ姿勢といった基礎的なこと、そして日常の練習に至るまで、くわしく解説されています。基礎練習については、露木さんが演奏した後に続いて演奏できるように工夫されているので、DVDを見ながら練習できるようになっています。模範演奏もたいへん素晴らしく、この部分だけ観ても楽しめます。珍しいところでは、管の内部の特殊な掃除方法(これはたしか三浦さんが考案されたと聞いたことがあるような)とか、楽器のメッキに違いによる音色の違い(銀メッキ、ベルの内側だけ金メッキ、全体金メッキ)なども紹介されています。同じ楽器(すべてウィルソンTA2900)でもメッキの違いだけで、たしかに音色の違いが感じ取れるので、とても興味深い内容です。

「マスタークラス」(講師:ディヴィッド・チャイルズ)
イギリスの超上手い若手ユーフォ奏者で、偉大なユーフォ奏者(ロバート・チャイルズ)を父に持つディヴィッド・チャイルズ氏による教則DVD。このDVDはPAL方式という日本の標準ではない方式を使っているので、普通のDVDプレーヤーでは再生できませんが、私のパソコンでは再生できました。1枚のDVDなのですが、収録時間が181分もあって、見ごたえがあります。レッスン内容もすごく詳細(ただし解説が英語なので、私の英語力ではすべてを理解できないのがザンネン。誰か翻訳して!!)で、たとえばヴィブラートのいくつかの方法による違いなども教えてくれます。模範演奏では、ソロ演奏のほか、講師の多重録音によるユーフォ四重奏(映像もディヴィッドが4人登場)も聴けて、すごく楽しいDVDです。


そして、教則DVDではなく演奏会のDVDですが、こちらもご紹介。

「ボール・オブ・ファイア!(Ball of Fire!)」
2012年、世界のトップユーフォニアム奏者の一人であるイギリスのスティーヴン・ミード氏が来日した際に行われた演奏会を収めたDVD。外囿祥一郎氏(この方も世界トップユーフォ奏者の一人)、牛上隆司氏、鎌田裕子さんという実力派ユーフォ奏者も参加され、それぞれのソロやデュオ、四重奏までも聴かせてくれる超素晴らしいDVD。曲目も多岐に渡り、各プレイヤーの演奏スタイルの違いも楽しめます。使用楽器は全員がベッソンです。いや~、こんなに吹けたら楽しいだろうになぁ…。いやいや、吹けるようにがんばって練習します!!


あ、最も重要なユーフォのDVDを忘れていました。アニメ「響け!ユーフォニアム」ですね(1&2、そして劇場版)。これを観てもユーフォは上手くなりませんが、「上手くなりたい!」という意識を高めることができます。どなた様もぜひご覧下さい…。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

三浦徹さんのユーフォ教則DVD

ユーフォニアム担当の石田です。

三浦徹さんによるユーフォニアムの教則DVDが販売されていることを知り、取り寄せて観てみました(このDVDは1990年に作られたものの復刻版のようです)。

こちら↓
JLC不朽の名作シリーズ吹奏楽百科 Wind Ensemble楽器奏法セレクション ユーフォニアム

amazonでも入手できるようです。

三浦徹さんは日本のユーフォニアムの草分的存在の偉大な方で、ユーフォ界では超有名な先生。ご自身が演奏家として長く活動されてこられているほか、多くの奏者を指導され、日本の優秀なプロユーフォ奏者を生み出されています。

このDVDは何度か観ましたが、三浦さんの指導の的確さとわかりやすさには感心させられるばかり。そして三浦さんが示される見本演奏にも驚かされました。

【驚いたその1】
三浦さんがマウスピースだけで音を出される(バズィングといいます)シーンがあるのですが、その音がクリアでよく響き、すごく大きいのです。三浦さんの模範のあとに、生徒の方がバズィングしても、あんなクリアでなく音量も大きくありませんでした。私も楽器を響かせる前提として、まずマウスピースを響かせないといけない、と頭ではわかっていたのですが、改めてあのような大きなバズィング音を聴いて、衝撃を受けました。

【驚いたその2】
ブレスコントロールの練習として、四分音符=80のテンポで、真ん中のFから上に、徐々に音域を広げながら、二分音符でF音階を上がって下がって吹く、というシーンがあるのですが、三浦さんの息がすごく長く持つのです。最初は短いフレーズから始まり、最後には二分音符16個分を一息で吹いておられました。深い呼吸と、息を長く持たせられるコントロールであのような演奏が可能なのです。参りました。

上記のようなことはプロの演奏家やプロを目指している方なら常識なのかもしれませんが、私にはたいへん勉強になりました。

なお、三浦さんがこのDVD中で示されている基礎練習の内容は、同じく三浦徹さん著による「うまくなろう!ユーフォニアム」(音楽之友社刊)に楽譜が載っているので、この本とDVDを併用しながら練習するとより効率が上がりそう(注:宣伝しているわけではありません)。

さあ、うまくなるぞ!!


追伸
三浦徹さんの素敵なお写真を見つけました。




にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

中国ブラ歩き その16

中国というところからはちょっと外れますが、今回から何回かに分けて香港を紹介します。正式には中華人民共和国香港特別行政区という長ったらしい名前で、一国二制度という名の元にイギリスから中国に返還されて今年で20年になります。

普通は香港と言えば、広東料理を中心として美食やショッピング天国というイメージがあると思いますが、私にとってはトレッキングのイメージです。トレッキングというとあれ?と思う方が多いかと思いますが、思いのほか自然に溢れており、イギリス統治時代に整備されたトレッキングコースがたくさんあり、その全長は300Kmにも及ぶといわれてます。ちなみに中国語ではトレッキングは遠足と書きます。確かに言われてみるとそのとおりですね。

今回はまず西貢(サイクン)を目指します。香港のダウンタウンから地下鉄とバスを乗り継いで1時間半ほどでしょうか。ここは海鮮料理のレストランが集まっているので有名です。そこの港では船のフィッシュマーケットがあります。
IMG_0842_convert_20170205150927.jpg

こんな魚を満載した船が何艘も岸壁に接岸していて、上からお目当ての船に声をかけて買います。
IMG_0837_convert_20170205151034.jpg

魚の種類は豊富です。
IMG_0838_convert_20170205155432.jpg

さばいてもらえます。
IMG_0840_convert_20170205155452.jpg

自分で買うのは難しいですが、西貢にはシーフードレストランが集まっており、そこで下りてきてから食事することにして、出かけましょう。まず、ちかくの登山口を目指します。ここから登り始めます。
IMG_2895_convert_20170205160717.jpg

住宅街の坂道を上っていくと行山と書かれた入口?が見えてきました。
IMG_2897_convert_20170205151317.jpg

少し行くと階段が整備されています。横にはコースの案内地図もありました。ここから昂平という高原を目指します。小一時間ののぼりです。
IMG_0844_convert_20170205151343.jpg

IMG_0846_convert_20170205155610.jpg

こんな感じでちょっと平らな地形が広がっていて、眼下に西貢の町が見えます。
IMG_2899_convert_20170205151619.jpg

ラジコン飛行機やパラグライダーの愛好家をよく見ます。
IMG_1175_convert_20170205155720.jpg

こちらは西貢の西にあるヨットハーバーが見えてます。
IMG_2902_convert_20170205151725.jpg

ちょっと休憩したら次の山を目指して出発します。
IMG_0849_convert_20170205151538.jpg

この続きはまた次回。

Tp. 福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示