8月BES練習日程

8月BES練習日程です。

11(金祝)18:00-21:30@呉竹

19(土)18:00-21:30@北文化

20(日)13:00-17:00@Casa Maasa Musica

27(日)9:00-12:00@Casa Maasa Musica


7月22日の全体練習以降、次回まで間が空くかたちとなりましたが、6重奏以下の初合わせを、メンバー間でそれぞれ日程調整し、済ませておくことになりました。
すかさず練習!

10回記念定期演奏会に向けて、本格的にスタートです!

Tp 西川

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

れがしい&アロハ・オエ

こないだの日曜日、ユーフォニアムの石田さんと僕の2人によるユニット『デュオ・えんのした~ず』で1曲演奏する機会がありました。
くわしい後記は、えんのした~ずの公式ブログに書きましたので、ぜひご覧ください。

 低音活動記
 『第37回 室内楽の集い』に出演
 http://ennoshitazu.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


今回演奏した『れがしい』という曲は、中橋愛生さんという邦人作曲家による、ユーフォニアム・テューバ・ピアノという編成のために書かれたオリジナルの3重奏作品。
日本が誇る世界遺産をテーマにした、2分程度の楽章5つから成る組曲で、作曲者本人による各楽章の解説は下記の通りです。

 1曲目「寒林」 b-moll
  知床半島がテーマ。どこまでも同じ色が続くようで、
  その中に多彩な表情を見せる雪の林をイメージしています。
 2曲目「紡歌」 d-moll
  富岡製糸場がテーマ。女工たちによって作られた糸が織り込まれ
  ゆく中で、製糸場が眺めたであろう歴史をイメージしています。
 3曲目「霊峰」 f-moll/F-dur
  富士山がテーマ。文部省唱歌「ふじの山」を素材に、
  大きく登って下りる、組曲全体の核となっている曲です。
 4曲目「詠歌」 D-dur
  熊野古道がテーマ。「西国三十三所御詠歌第一番紀ノ國那智山」を
  素材に、ヘテロフォニックに祈りの歌が絡みます。
 5曲目「木霊」 B-dur
  屋久島がテーマ。屋久島は琉球音楽の北限という学説もあり、
  琉球音階を基調に呼応するアンサンブルを目指しました。

ちなみに、えんのした~ずの1stリサイタルではこの方の『アロハ・オエ・ディエス・イレ』というユーフォニアム&テューバによる2重奏作品を演奏しており、さらにBESでは第6回定期演奏会で『マンシーニ組曲(編:中橋愛生)』を取り上げています。いずれもテューバプレイヤーにとっては吹きごたえのある譜面で、楽しませていただきました。
そんな『れがしい』と『アロハ・オエ・ディエス・イレ』の演奏の様子を、それぞれYouTubeにてご視聴いただけます。
中低音の魅力を少しでも感じていただければ幸いです。



れがしい -ユーフォニアム、テューバ、ピアノのための- / 中橋愛生
https://youtu.be/TUfay-82kG8



アロハ・オエ・ディエス・イレ / 中橋愛生
https://youtu.be/g4oZdVdZjmM


Tuba 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

『音楽の祭日2017inみんぱく』に出演して

7.jpg

もう一カ月も前になりますが、BESは『音楽の祭日』@みんぱくというイベントに出演しました。
一昨年も出演させていただき今回で二回目です。
毎年人気のイベントで、申し込んでも出られなかった去年。
今年も申し込み、演奏の機会を作ってれた主人に感謝したいと思います。
http://bes911.blog71.fc2.com/blog-entry-622.html

演奏した曲は
 1.沖縄民謡メドレー
 2.ラッスス・トロンボーン
 3.アメイジング・グレイス
 4.フェイマス・ラテン・メドレー
です。

お客さんが知っている曲や楽器の特性を楽しんでもらえる曲を演奏しました。
開放的な演奏会場であっという間の時間でした。
また、演奏者同士が控室で一言二言話す機会も私は貴重だなと思っていて、特にこのイベントはいろんなジャンルの音楽や楽器に出会えるので、演奏すること以外にも楽しませていただいています。

トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

7月15日の練習

今日は水無瀬先生のレッスンでした。

〔練習時間割〕   
   18:00 開場
   18:15 基礎合奏
   18:30 ロンドンの小景(1回通し)
 水無瀬先生のレッスン
   18:50 ロンドンの小景 3楽章→2楽章(→5楽章)
   19:40 休憩
   19:45 ムーン・フィッシュ、ウィグリー・ピース、てふてふ
   20:30 ロンドンの小景 1楽章→6楽章(→4楽章)
   21:20 終了

という予定で進むはずだったのですが、水無瀬先生が予想以上に早く来られ、レッスン前にこそこそ通すつもりだった「ロンドンの小景」もお耳に入れてしまいました。あちゃあ(。-_-。)

レッスンの中味は濃厚なものでした。基礎的なことが疎かになっていた私たち。
今やっていることが、何を目的としてやっているのか、それぞれの意識が明確でなく、ただ音を並べているだけになっている点も
厳しくご指摘頂き、深く深く反省しました。音があわない、タイミングがずれている、フレーズが途切れている、気づいていても、なかったことにしていた自分の心を改め、練習します。誓います。

あっという間にレッスンが終わり、写真を撮る余裕がありませんでした。

水無瀬先生と   
練習の後はホッと一息
水無瀬先生と パート2
澄ましています。

さあ、明日からまた頑張るぞ!!  (Hr宇野)

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

7月9日練習レポート

ユーフォニアム担当の石田です。

7月9日、長岡京市にある、Casa Maasa Musicaという会場で当団の練習がありました。
日程は次のとおり。

   13:00 開場
   13:30 基礎合奏(担当:石田)
   13:45 ロンドンの小景(担当:石田)
   15:20 休憩
   15:30 ムーン・フィッシュ(担当:高橋さん)
   16:10 てふてふ(担当:由良美彩季さん)
   16:50 終了

12月に開催する第10回定期演奏会のための練習に入っています。
「ロンドンの小景」は第8回の定期演奏会でのメイン曲でしたが、今回、再演となります。
「ムーン・フィッシュ」「てふてふ」はちょっとオシャレな曲たちです。
その他、第10回のプログラムも決まり、どんどんと練習に取り組んでいます。

まだ練習は始まったばかりで、心もとない演奏ですが、12月には立派な演奏となるよう、メンバー全員、がんばっております!!
まだだいぶ先にはなりますが、みなさま、お楽しみに。。。

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

トランペット・ラブレター

♪トランペット・ラブレター♪

BESの全体練習で5月に音出しし、この曲を知りました。吹きながらいい曲だなぁと思いました。

そして去年の12月に亡くなった祖父のことが浮かんできました。

情熱的で優しくて切ないメロディーがそう感じさせたのかもしれません。

祖父は厳しくてちょっと怖い存在でした。

ちびまる子ちゃんに出てくる『友蔵』のようではなく、サザエさんに出てくる『波平』のような感じです。

でも、大学生から一人暮らしを始めた私に定期的に手紙をくれたのは祖父だし、私の息子たちのことも可愛がってくれました。


音出ししたトランペット・ラブレターはトランペットソロの譜面もあるということでコンビニ印刷で取り寄せました。
初めてコンビニ印刷という方法で楽譜を取り寄せました。欲しい楽譜がすぐに安価で手に入り、便利ですね。
http://www.at-elise.com/elise/JPDPSK00159/
取り寄せてからちょこちょこ練習しています。
吹けば吹くほどいい曲です。そして祖父の誕生日が近いからかもしれませんが祖父を思い出します。
7/12。生きていたら90歳。
祖父と会話するつもりで吹いています。

そして、トランペット・ラブレターのコンテストもあるようです。
トランペット・ラブレターの人気をうかがうことができます。
http://www.superkids.co.jp/z-brass/zb/contest_16Tpconresult.html
みんな大好きな誰かのことを想って吹いているんだろうなぁと思います。


トランペット 由良

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ボーンの呟き その5

バス・トロンボーンの高橋です。

福森さんからの報告記事がありましたが、7月1日(土曜)に京都コンサートホールに於いて京都市民管弦楽団のPTAコンサートがありました。チャイコの1812年のバンダで出演することとなったBESメンバー。広いホールで大砲の如く音を飛ばすことができたでしょうか。京都コンサートホールのバンダスペースは、かなり高い位置にあり眺めは最高だったようです。

さて7月2日から12月の第10回記念定期演奏会に向けた本格的な練習が始まりました。未決定の新曲の試奏もあり何か気持ちが焦ります。

前日に本番を終えたトランペット4名は、たっぷり身体を休めておられるに違いないと思いきやなんと、今日の午前中もパー練をして午後の全体練習に臨まれたそうです。よく頑張る~⤴🎶

1499338050152.jpg


ただこの日のトランペットパートメンバーのお顔を拝見しているとちょっとお疲れモードの感じがしましたのであまり無理なさらないようにね~(笑)

余談は、これくらいにして本題の練習報告に参ります。

7月2日(日曜)
13:00~17:00 @ CasaMM

13:30~13:45 基礎練習
13:45~15:25 ロンドンの小景
15:25~15:30 休憩
15:30~16:00 過ぎにし春
16:00~16:30 ウィグリー・ピース
16:30~16:50 クリスマスカルーセル

この日は、ロンドンの小景に当初予定より時間を費やしました。

IMG_20170702_154423.jpg

以前この曲をやったメンバーは、10人中、8名いるのですが年月というのは、恐ろしいもので至るところを忘れてしまっているのを実感しました。ロンドンの小景は、2週間後に水無瀬先生のレッスンを受ける曲なので各自、細部に至るところまで譜読みをし音源を繰り返し聴き、自分のものにして臨みよう自主管理の程、よろしくお願いします🎵

1499338057486.jpg

ロンドンの小景を聴くならやはり本家の本元のPJBEが最高❗歯切れの良さは、秀逸もの。
特徴的な吹き方は、シンコペーションの音の長さ、決して伸び過ぎないように、音と音の隙間を作る練習は、必須です。

さあ❗定期演奏会に向けて練習、練習!

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

初めてのバンダ出演

ちょうど1週間前になりますが、初めてバンダで演奏しました。
バンダってなんだ? という方はググってみてください。
一言でいうと、舞台以外の場所で演奏するバンド(Bandaはイタリア語でBandの意味)のことで、 舞台袖でやったり、客席後方で演奏したり、いろんな形態がありますが、今回は何と京都コンサートホールのバンダボックスでやりました。ここ(赤丸)で演奏です。

Kyoto_concerthall_convert_20170708094131.jpg

こちらに前日練習の時の写真があります。結構上から オーケストラ、客席、もちろん指揮者も見下ろしながらの演奏となります。ちょっと高所恐怖症気味なんで足元がひえひえしました。
ちょっと困ったのは楽器を下向けて吹くとかっこ悪いということで、真っ直ぐホールの奥まで届けと吹いたのですが、譜面台と指揮者が同時に見にくく、さらに一列に並んでの演奏なのでトップの動きが見えないなど、タイミングを取るのが難しかったことです。目と耳が3つ欲しい、あるいは指揮者、楽譜、トップが同時に見えるVRメガネがあればいいなと思ったりしました。

IMG_20170630_200924_convert_20170708094206.jpg

ところで、なんでバンダで演奏することになったかということを少し話しておきます。
演奏会は「PTA感謝の集い親子コンサート」というもので、毎年7月初めにある京都市の催しなんですが、そこで十数年京都市民管弦楽団が出演しています。今回チャイコフスキー作曲の序曲1812年を演奏することになり、BESのメンバー4名(Tu由良さん、Tb高橋さん、Hr宇野さん、Tpみくさん)が所属している事もあり、BESもバンダで参加することになりました。8パートあるので、BESだけでは足らず、由良さんにアレンジしていただきすごいメンバーが集まり全部で10名で演奏できました。こちらがそのメンバーです(+2名)。

0e019d9143bd87393a234cb0eb34686bd80d23c0std_convert_20170708094329.jpg

さて、演奏の方ですが、もともと1812年のナポレオンのロシア侵攻を撃退した出来事を祝う序曲で、美しいチェロの音色でロシアの讃美歌に始まり、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」も間にはさみながら、最後は何発もの祝砲の音と、ロシア国歌と教会の鐘が鳴り響くなか壮大に終わります。バンダはこの最後の盛り上げを担当します。

バンダでの演奏はもちろん初めてなんですが、タイミングを取るのも難しかったのですが、下から湧き上がってくるオーケストラの音、下隣りのバンダボックスからの音、そして横にならぶTp4本と四方八方から音が降ってくるので、自分の音のバランスがこれでいいのか直接にはよくわからないまま吹くことになりました。前日リハーサルの録音でバランスを確認してなければ完全な五里霧中になってしまったことと思います。

あと、もう一つ困ったのはこの曲は今回の演奏会の最後を飾る曲であり、出番までたっぷり1時間待たないといけなかったことです。普段BESで演奏する時にそんなに待つことはあり得ないので、待っている間、上から声かけていいものか、拍手はしていいのか、どういう表情で待ってればいいのか、といろいろ考えているうちにあっという間に時間が過ぎ指揮者の「あと1小節で出番です」の合図が見えました。

みなさんも効果絶大のバンダのある演奏会聞いてみてください。私のお勧めは、レスピーギのローマの松、マーラーの交響曲2,3,8番、リヒャルト・シュトラウスの英雄の生涯など(大曲ばかりですね)です。

Tp.福森

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

7月BES練習日程

7月BES本番・練習日程です。

1(土)♪PTA感謝の集い親子コンサート@京都コンサートホール

2(日)13:00-17:00@Casa Maasa Música

9(日)13:00-17:00@Casa Maasa Música

15(土)18:00-21:30@呉竹
水無瀬先生レッスン

22(土)18:00-21:30@呉竹


1日の本番を終えて、2日はトランペットパート朝練&全体練習。

月初からとばしすぎてますが、暑さに負けず、今月も練習がんばりますε-(´∀`; )

Tp 西川

にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ブラス・アンサンブル・サタデー

Author:ブラス・アンサンブル・サタデー
Brass Ensemble Saturday(ブラス・アンサンブル・サタデー)は京都市内を中心に活動するアマチュアブラスアンサンブルです。
2017年5月4日開催の教会ミニコンサートでは、満席の会場で好評を博しました。
次回出演予定は9/18の『依頼演奏』です。
お楽しみに!

お問い合わせはコチラ→ brass_ensemble_saturday@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
にほんブログ村 参加カテゴリ
にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
ブログ村 最新ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示