FC2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

昨日は、ブラス・アンサンブル・サタデーのメンバーでバジル・クリッツァーさんの「アレクサンダー・テクニーク」の講習を受けてきました。
9月17日に引き続き、2回目です。

RIMG0152.jpg
RIMG0153.jpg
RIMG0154.jpg
RIMG0155.jpg
RIMG0156.jpg
(写真は、Tubaの由良君とバジルさんです。)

講習会は、BESのメンバー6人で15:00~18:00まで受講しました。初め、アレクサンダー・テクニークとは何かの説明があり、その後、一人ずつじっくり、その人の悩みを直していくためにはどうしたらよいかについて、写真のような感じで講習が進められました。

僕は、アレクサンダー・テクニークとは、①こういう風に吹きたいなぁという想いと、②そのためにはこうするという実際の動きとの間をスムーズにつなげるためのちょっとした手助けのようなものなのかなぁと思いました。楽器を吹くたびに、毎回調子が良い状態だったらとてもいいですよね。調子が良い状態がまぐれではなく確実にするためのアドバイスをもらいました。

癖とか体つきとかは人によって違うため、バジルさんはその人に合ったアドバイスをしてくれます。
僕の場合は、
①頭をちょっと上へ傾ける。すると身体全体が楽になる。
②その状態でマウスピースを唇に持ってくる。(僕の場合唇の左下から息漏れをしているので、ちょっとそこをプレスする感じで)
③楽器を吹くと楽に息が流れ、マウスピースが唇に吸い付いているような感覚。
という感じでした。

頭をちょっと自然な位置に持ってくるだけで、楽にふけるという、何とも不思議な体験でした。僕には、楽器を吹く瞬間に身体全体(特に腰あたり)を下の方へがちっと固めてしまう癖があるようです。

そんな癖は言われるとそんな気もしますが、普段は意識していません。まさか、その癖が楽器の演奏に影響を与えているとは、実際に講習を受けてみるまでわかりませんでした。他の人のレッスンを見ていても、アドバイス前と後では、その人の音が変わっていました。

講習でわかったちょっとした楽になるコツを、これからの練習で繰り返しながら自分のものにしていきたいと思います。
アレクサンダー・テクニークに興味を持った方は、バジルさんのブログも見てみてください。
ブログ:http://basilkritzer.jp/

Tp 牛島
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply