FC2ブログ

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

Brass Ensemble Saturday / ブラス・アンサンブル・サタデー

先日のクリスマス・コンサート2013で演奏した曲のひとつに、『Feijoada(フェジョアーダ)』というものがありました。

トロンボーン奏者村田陽一氏のオリジナルで、ブラス・ヘキサゴンの委嘱により書かれた金管六重奏作品です。
金管アンサンブルにはあまり見られないタイプの、ボサノバ調のリズムとゆったりしたメロディが魅力的なこの曲。
おそらく、こないだの私たちの演奏が京都初演かと思われます。
クリコンでの演奏をほんの一部分ですが、お聴きください。
 ⇒ feijoada

で、このフェジョアーダとは何なのか。
調べてみますと、ブラジルの国民食とさえ呼ばれるほど代表的なブラジル料理で、豆と肉の煮込み料理だそうです。

どんな味がするのか、一度食べてみたいと思っていた私。
昨日受講したアレクサンダー・テクニークのレッスン後バジルさんを囲んでの懇親会で、ついに本物のフェジョアーダを食す事ができました。

P1050937.jpg P1050948.jpg
ご覧のとおり、真っ黒。
さぞ濃い味がするのかと思いきや全然そんな事はなく拍子抜けするくらいあっさりとした塩味で、いくらでもパクパクいけてしまう感じです。

P1050952.jpg
ちなみにこの日はフェジョアーダ以外にも、ブラジルの肉料理『シュラスコ』も供され、大満足。
ソーセージ、鶏、豚、牛と、いずれも香辛料の効いた味付けで、おいしくいただきました。

P1050958.jpg
また来たい店、エステレーラ。
ごちそうさまでした。

Tuba由良
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply